話題のグルメ

砂切子とは?江戸の伝統文化の体験・通販は?「所さんお届けモノです」で紹介

TV番組の「所さんのお届けモノです」で江戸切子が紹介されます。

日本人ならではの繊細な手作業が生かされた江戸切子。

中でも、今回は「砂切子」と呼ばれるものが登場!

砂切子とは一体どんなものなのか調べてみたら
体験教室や通販もあることがわかったので、シェアしようと思います。

砂切子とは?伝統技術と新しい技術の融合!

東京深川に珍しい切子を作る工房があるということで、
カメラは江戸切子のガラス工房「グラスラボ」の中へ。

砂切子というのは、
伝統的な平切子の技法とサンドブラストという技法が合わさったもの

平切子は、お父さんが代々受け継いできた技術で、
サンドブラストは三代目の息子さんが持っている新しい技術。

「サンド」という言葉がついている通り、
ガラスに砂を吹き付けた後で絵柄を掘り出します

出来上がった砂切子のグラスは、
水を注ぎ入れると模様が浮き上がって見える美しい作品です。

ふたつの技術を合わせることで
新しい砂切子という作品を生み出すことができました!

江戸時代から守り続けてきた伝統技術はとても美しいし、
新しい技術を取り入れるのも素晴らしい事ですよね!

砂切子・グラスラボの作品は通販で買える?

グラスラボは、これまでもメディアに取り上げられたことが何度もあります。

引き出物等のギフトやプレゼントにもピッタリです。

その他にも、出産祝いや入学祝・結婚記念日なども作っているそうです。

また、カットグラスだけでなくイヤリングやネックレスのような
アクセサリーもガラスを使って作っているそうなので、

気になる方は、こちらの公式サイトから問い合わせてみてくださいね。
グラスラボ公式サイト

  • 会社名:GLASS-LAB株式会社(グラス-ラボ)
  • 住所:東京都江東区平野1-13-11
  • 電話:03-⑥318-9407(受付:平日8~17時)

砂切子の体験教室は?醤油差しと万華鏡作りができる!

グラスラボでは、江戸硝子を使って作品を作る体験をすることができます。

醤油差しを作ろう!

江戸硝子で醤油差しをつくるプラン。

デザイン性も高くプレゼントとしても喜ばれている醤油差しを作ります。

硝子を直接持たずにできるように工夫されているそうなので、
お子さんも安心して体験できるそうですよ!

家族で一緒に作ってみるのも良いですよね!

体験料:4,000円/1個
体験時間:30~60分
※予約が必要になります。(予約は03-6318-9407まで)

万華鏡を作ろう!

万華鏡のキットを使って「万華鏡」を作ります。

タネの部分にガラスの端材を混ぜて作りますが、
硝子が入ると模様の出方が大きく違って
とても美しい模様ができるそうですよ!

体験料:2,300円/1個
※事前予約が必要になります。

夏休みの自由研究にもいいですよね~。
自分で作ったものを自宅で使えるのは思い出にもなって
とっても魅力的です!

まとめ

「所さんお届けモノです」で紹介された
砂切子についてお伝えしました。

美しい日本の伝統技術をずっと守っていってほしいですね。