話題のグルメ

ベジートの使い方や簡単に作れるレシピを紹介!種類や栄養・販売店等情報まとめ

発売以来、いくつものTV番組で紹介された「ベジート」

健康のために食生活に気を付ける人が増える中、
野菜と寒天から作られたヘルシー食品「ベジート」を扱うお店がどんどん増えているみたいです。

「ベジート」は乾燥しているので保存も効くし、
カラフルな色やシート状になっている特長を生かした使い方やレシピがいろいろあるんですよ

まだ「ベジート」を使ったことがない方もおられると思うので
この記事では「ベジート」の使い方やレシピについて、また、ベジートの種類や栄養・販売店についてもご紹介します!

ベジートの使い方は?上手に使ってレシピを増やそう!

ベジートの原材料は野菜と寒天!

長崎にある株式会社アイルが作った新しいタイプの食品で、
発売以来いろいろなTV番組で取り上げられています。

ベジートは無添加で、野菜そのものの色がしかっりと残っているし、
シート状になっているのでいろいろな使い方ができます。

ベジートを使う時は、使う前に水で少し湿らせて柔らかくするのが秘訣ですよ!

どんな使い方があるのか、これからご紹介しますね。

ベジートで巻いて作ろう!

ベジートは四角いシート状(1枚21㎝×19㎝)になっています。
例えるなら大きい折り紙や海苔のような感じです。

この形を利用して、巻きずしのように材料を巻いて使うと
料理の色合いも良くなるし、
一度にいろいろな食材を食べることができていいですね。

巻きずしや春巻きを作る要領で材料を巻けばOk!

巻きずしと同じで、
ベジートの巻き終わりの部分にもう一度水をつけておくと、
剥がれにくくなる
ので試してみて下さいね。

ベジートで包んで食べよう!

ベジートは、トルティーヤや韓国料理のサムパプ(サンチュなどでご飯やおかずを包む食べ方)のように細切りにした材料を包んで食べる時にピッタリです。
スターバックスの「サラダラップ根菜チキン」みたいな感じで具材を包んでみるといいかも。

いろんな具材を用意しておいて、自分の好きな具を包んで食べるようにすると
子どもたちがパクパクと食べてくれるのでは?

会話も弾んで楽しく食事ができそう!

ベジートで器を作って食べよう!

お好みの大きさにカットしたベジートを水で湿らせた後、
好きな型に入れて器(カップ)を作ることもできます。

出来上がったカップにおかずを入れると、
食卓に並べた時にパッと華やいだ感じになって良いですよね!

ベジートで作ったカップは、お弁当にも使えると思いますよ。

最近海大手スーパーのお弁当グッズコーナーで
海苔で出来た食べられるおかずカップを見かけたけど、

ベジートでもお弁当用のおかずカップを作れますよ!

お弁当の蓋を開けた時
ベジートで作ったカラフルな器におかずが入っていたら、
ちょっと苦手なおかずでも全部食べられそう!

ベジートでキャラ弁!

ベジートのカラフルな色は着色料などが入ってない野菜本来の色なので、
安心して子どものお弁当に使えます。

ほうれんそう
かぼちゃ
ニンジン
大根
トマト

5色のベジートを使って
型抜きしたり、細長く切っておにぎりに巻いたり
おかずに挟んだり、バランの代わりに添えたり

キャラ弁を作るときの使い方を考えるだけでも楽しくなります!

ベジートを刻んでサラダにトッピング!

キャラ弁作りでベジートの端が残ったら、
キッチンばさみで細切りにして
サラダのトッピングにすることもできます!


ちょっと色味が欲しい時など、ベジートがあると手軽に野菜をプラス出来て助かりますよ。

刻んで卵に混ぜて焼くだけでも野菜が一緒にとれて良いですよね。

海苔をキッチンばさみで切ってみると、
ボロボロッとちぎれた海苔のかけらが散らばりますが、

ベジートは綺麗に切ることができて楽でした!

刻んだベジートをそのまま食べたっていいんです!
野菜そのものの味がする「おつまみ」になりますよ。

ベジートをジュースに混ぜておやつを作ろう!

ベジートは野菜と寒天からできているので、
ジュースや牛乳・水などと一緒に熱を加えて溶かした後で
お好みの型に入れて冷やすとカラフルな寒天に変身!

ベジート1枚にお好みのジュース150mlを加えると上手く作れるようです。

どのジュースと組み合わせようかな?
子どもと一緒に組み合わせを考えるのも楽しそう!

ベジートは無添加食品で長期保存できる!種類・栄養・販売店は?

ベジートを作っているのは、長崎県にある株式会社アイル

ベジートはどんな製品なのか、お伝えしますね。

規格外の野菜がベジートに!野菜の栄養分はそのままで

ベジートはペースト状にした野菜と寒天から作られた無添加食品です。

カラフルなベジートの色は、後から着色したのではなくて野菜が本来持っている色

だから、ベジートは子どもたちにも安心して食べさせることができるし、
野菜が苦手な人でも手軽に野菜をとることができます。

製造過程で加熱するので熱に弱いビタミンCは少し減しますが、
ほとんどの栄養分がそのまま残っていて
食物繊維も豊富に含まれているのが良いですよね!

ベジートの材料になるのは、形やサイズが規格から外れた野菜です。

これまで規格外の野菜の多くは市場に出る事はなくて、
もったいない事ですが、ほとんど捨てられていたんですね。

せっかく作った野菜なのに捨てるしかないなんて、
生産者にとっては本当につらい事だったと思います。

ベジートが作られたことで、
私たちは野菜を使った新しい料理を楽しむことができるし、
生産者の方は手間をかけて育てた野菜を食べてもらうことができますね。

ベジートは保存食として注目も!

ベジートは野菜ペーストと寒天をシート状に乾燥させたものなので、
長期保存も可能!

賞味期限は常温で2年

ベジートには野菜の成分がほとんど残っているし災害時の保存食としてもピッタリです。

ベジートは薄いシート状で保存する時にも場所を取らないので
他の保存食と一緒にストックしておくといいかもしれませんね。

ベジートの値段や種類・販売店は?

ベジートには次の5種類があります。(2019年7月情報)

人参(5枚入り)
大根(5枚入り)
カボチャ(4枚入り)
トマト(4枚入り)
ほうれんそう(4枚入り)

値段は375円(税込)です。

購入できる場所は

  • イトーヨーカ堂
  • イトーヨーカドーネット通販
  • ベジートオンラインショップ
  • イオン
  • ボンラパス

などです。

ベジートをイオンやボンラパスで見かけるようになったのは最近のこと。

今後、他の地域でも購入できるようになっていくのではないでしょうか

九州・長崎生まれの「ベジート」をたくさんの人に使ってみて欲しいです!

さいごに

野菜と寒天から作られた新しい食品「ベジート」についてご紹介しました。

ベジートは、規格外野菜を使うことで環境にも生産者にもやさしい製品です。

保存も効くし、シート状の形をうまく使えばいろいろな料理にアレンジできます。

健康作りは食事から!

野菜本来の味と色を活かして作られたベジートを、

この記事を読んでくれたあなたも、一度使ってみてくれたらうれしいです。