話題のグルメ

一蘭のとんこつ不使用ラーメンが好評!味や店舗・外国人に人気の理由は?

博多ラーメンと言えば、とんこつラーメン!

数ある博多のとんこつラーメン店の中でも特に外国人に人気があるのが、一蘭です。

その一蘭に、とんこつを使わない「とんこつ不使用ラーメン」があるのを知っていますか?

福岡市で行われたG20財務相・中央銀行総裁会議の歓迎レセプションで
一蘭のとんこつ不使用ラーメンが振る舞われて、外国からのお客様に喜ばれたんですよ!!

この記事では、一蘭のとんこつ不使用ラーメンの味や食べられるお店、
外国人にも人気がある理由についてもご紹介しようと思ます。

一蘭のとんこつ不使用ラーメン

博多にはとんこつラーメンのお店が本当にたくさんあります。
その中で、地元博多っ子はもちろん観光客にも人気があるのが一蘭

福岡で開催されたG20財務相・中央銀行総裁会議の歓迎レセプションで、一蘭が提供したラーメンは2種類

おなじみの「とんこつラーメン」「100%とんこつ不使用ラーメン」です。

100%とんこつ不使用ラーメンは、まだあまり知られてないかもしれませんね。

いったいどんなラーメンなのか?
これからご紹介しますね。

とんこつ不使用ラーメンって何?

100%とんこつ不使用ラーメンは、文字通り豚を一切使わずに作ったラーメンです。

普通とんこつラーメンと言えばラーメンの上にはチャーシューがお決まりだけど、
とんこつ不使用ラーメンには煮込んだ牛バラ肉が入ってます

その名も牛弥郎(ぎゅうやろ)
面白いネーミングですよね。

スープの材料にも豚は使っていません。
スープは鶏がらやさまざまな食材を材料を煮込んで作られていて
一見普通のとんこつスープとそっくりで、

このラーメンを食べた人は、とんこつの香りすら感じるとか。

とんこつ不使用ラーメン開発の苦労

一蘭のとんこつ不使用ラーメンができるまでには、次のような苦労が。

  • 開発するまでに20年もの年月がかかっている。
  • 一蘭のラーメンを食べたいと思っていても様々な理由で食べられない人がいるのを知ったのが始まり。
  • お店で出しているとんこつラーメンと同じ味になるまではお客様に提供しないと決めて研究を続けた。

「開発に20年」と言えば、
生まれた赤ちゃんが成人式を迎えるまでの年月と同じですよね。

そんなにも長い期間をかけてスープを研究し続けたんですね!

表には出てこないけれど、きっとたくさんの苦労や挫折・試行錯誤があったのではないでしょうか。

とんこつ不使用ラーメンが完成したのは、

  • 一蘭のスタッフの強い思い
  • お客様においしいラーメンを提供したいという熱意

があったからこそ!

とんこつ不使用ラーメンの味

豚を全く使っていないものの、とんこつ不使用ラーメンの味は
通常のとんこつラーメンの味と変わらないそうです。

スープの味に深みがあって。

何しろ、通常のとんこつラーメンと同じ味になるまで研究を重ね続けたのですから。

本当に豚をつかってないの?
と思ってしまうほどおいしいそうですよ!!

ラーメンに添えられている「赤い秘伝のたれ」も、
とんこつ不使用ラーメン専用の物

スープの味を引き立ててくれる「赤い秘伝のたれ」は一蘭のラーメンに欠かせません!

にとあさんによる写真ACからの写真)

一蘭のラーメンがG20歓迎レセプションのメニューに!

2019年6月に福岡市で行われたG20財務相・中央銀j校総裁会議での
歓迎レセプションのメニューに一蘭の「とんこつ不使用ラーメン」が採用されたんです。

海外から来られる方の中には、宗教上の理由から豚が使われた料理は食べられない人もいますよね。

豚を一切使ってない「とんこつ不使用ラーメン」なら
誰でも福岡の味を楽しんでもらえる
というわけです。

福岡の食文化を海外にもしっかりとアピール!

歓迎レセプションでは「とんこつラーメン」と「とんこつ不使用ラーメン」が準備されて、
ニュースで見たんですけどラーメンのコーナーには列ができたそうですよ。

博多のとんこつラーメンを一度食べてみたいけど、材料に豚を使っているから食べられない・・・・。
そんな風に思っていた外国の方にも、とても喜んでいただけたようです!

一蘭のラーメンは外国人に人気

福岡市の中洲川端や・天神にある一蘭のお店の前にはいつも列ができています。
席が空くのを並んで待つお客さんの中には、外国からの観光客も!

先日、順番を待っている間に前に並んでいる外国人観光客に聞いてみたら、
一蘭を紹介するネットの記事を見てきたと言ってました。

福岡に行ったら絶対食べる!
と思って来たそうです。

味集中カウンターが人気

一蘭の特徴の一つになっている味集中カウンター
ラーメンの味に集中して食べてもらうために、隣の席との境目に仕切りがあるんですね。

パッと見は殺風景に感じられるかもしれないけど、
これが外国の方にも受けているんですよ。

日本人はラーメンを食べる時、麺をすすって食べるけど、
外国の方は麺をすするのが苦手。

というより、食べる時に音を立てる事を嫌いますよね。

でも、福岡に来てラーメンを食べる時ぐらい
日本人がやっているように食べてみたいと思う観光客もいるようで、
味集中カウンターは外国人にも割と好評なんですよ!

ラーメンの注文スタイルが人気

日本料理は素材の味を生かしたものが多く薄味ですが、ラーメンに関しては違います。
どちらかと言えば味は濃いですよね。

外国人にとってもラーメンの味は濃いと感じることがあるそうです。

一蘭のラーメンは、スープの濃さや麺の固さを注文する時に自分で選べるので、
外国人観光客にとても喜ばれています!

その他にも

ねぎを自分のお好みで入れる
替え玉ができる
ゆで卵を注文してラーメンの合間に食べる
ゆで卵をスープによく浸してから食べる

など、日本人が普通にすることも外国人にとっては楽しい事なんですね。

自分で食べ方を変えて、いろいろな味を楽しんでみたい
という外国人観光客もたくさんいるそうですよ!

とんこつ不使用ラーメンが食べられるお店

「とんこつ不使用ラーメン」が食べられるのは、今のところ一蘭・西新宿店だけ(2019年6月情報)。
2019年夏には大阪・なんば御堂筋店でも食べられるようになるそうです!

店舗名 一蘭 西新宿店 ~発祥の店~
住所 東京都新宿区西新宿7丁目10‐18 小滝橋パシフィカビル1F
営業時間 24時間
アクセス方法 JR新宿駅西口より徒歩5分
西武新宿駅より徒歩4分
店舗名 一蘭 なんば御堂筋店(2019年8月オープン予定)
住所 大阪府大阪市中央区心斎橋筋2丁目4-2 グルカスシティビル 2F
営業時間 9:00-23:00
アクセス方法 地下鉄御堂筋線「なんば駅(14番出口)」より徒歩3分
南海本線「なんば駅」より徒歩5分

まとめ

豚を一切使わずに作った一蘭の「100%とんこつ不使用ラーメン」についてご紹介しました。

とんこつ不使用ラーメンを食べられるお店がもっと増えたらいいですね。。

豚を使った料理が食べられない友だちと、一緒にラーメンを食べに行きたい!

そう思っている人はきっと多いと思いますよ。