話題の人・物

ドレミファどーなっつが放送されたのはいつ頃?声優やどーなっつ島の設定も解説

NHKの「おかあさんといっしょ」歴代のお兄さん・お姉さんが出演して
60周年記念のスペシャル番組を放送しています。

「おかあさんといっしょ」の中で歌われる曲は
子どもたちにも覚えやすくて楽しくて人気ですが、
その他にも人気を集めているものがあるんです。

それは、人形劇のコーナー

なかでも「ドレミファどーなっつ」は
現在お子さんを持つお父さんお母さんの世代が
幼い頃に見ていた番組で

スペシャル番組放送後に「懐かしい!」と話題になりました。

この記事では、ドレミファどーなっつが放送された時期や声優・
舞台とされているドーナツ島も設定についてお伝えしようと思います。

ドレミファどーなっつが放送された時期とどーなっつ島の設定


「おかあさんといっしょ」の中で「ドレミファどーなっつ」が放送されたのは
1992年10月5日から2000年4月1日までの7年半。

どーなっつ島に住んでいる子どもたちが
普段の生活の中でいろんなことを学びながら成長していくお話でした。

仲良く遊んだりケンカもしたり。
子どもたちが普通に経験することがテーマになっていたので、
子どもの心にもスッと入っていくストーリーです。

ドレミファどーなっつの舞台となったのは、
もちろんどーなっつ島

それまで放送していた人形劇「にこにこ、ぷん」の舞台になった
にこにこ島の近くにあるという設定でした。

島の形はもちろんドーナツ形

北半球にある穏やかな気候の島です。

いろいろ細かく島の設定がされていたようですね。

ドレミファどーなっつに登場していたキャラクターの声優について
これからお伝えしますね。

ドレミファどーなっつのキャラクターと声優


ドレミファどーなっつに登場したキャラクターは

みど・ふぁど・れっしー・そらお!

どーなっつ島の仲間たち設定

  • みど(本名:みど・わおん)
    プードルの女の子
    ふぁどの双子の姉
    赤いベレー帽がお気に入り
  • ふぁど(本名:ふぁど・わおん)
    プードルの男の子
    みどの双子の弟
    青いベレー帽がトレードマーク
  • そらお(本名:青井空男)
    ゴリラの男の子
    気は優しくて力持ち!
    ジャンボ!おら、そらお」がお決まりの挨拶です。
    「ジャンボ」はスワヒリ語で「こんにちは」という意味です。
  • れっしー(本名:れおなるど・とびっしー)
    キノボリカンガルーの男の子
    元王子

みんな5才という設定です。

結構細かいところまで設定されていて驚きました!

一度会ったら友達で!毎日会ったら兄弟だっ!

というテーマソングも良かったです!

どーなっつ島の仲間たちの声優は?人気声優ばかり!

ドレミファどーなっつの声優さんは
人気声優さんばかりでした!

みど: 佐久間レイ 
アンパンマンに出てくるバタ子さんの声でお馴染みですよね。

ふぁど: 小桜エツコ
タママにジバニャンの声でも有名な声優さんです。

れっしー:中尾隆聖
フリーザの声もされています。

そらお:青木和代
ドラえもんの初代ジャイアン母の声をされた声優さん。

ドレミファどーなっつには
スゴイ声優さんばかりが出ていたんですね!

ドレミファどーなっつは公園の遊具にも登場!子どもたちに大人気!

ドレミファどーなっつのに出て来るキャラクターたちは
子どもたちにものすごく人気があって
公園の遊具にも使われていました!

私の子どももこれに乗りたくて、待っている間ずっと
「まだかな まだかな~♪」
とおかあさんといっしょで覚えたメロディーを
歌っていたのを思い出します。

ドレミファどーなっつが懐かしい!ファンの声!

「おかあさんといっしょ」を子どもの頃に見て育った人にとっては、
スペシャル番組で流れて来る歌の一つ一つが
ものすご~く懐かしくて

自分の子どもと一緒に番組を見た人もいて
ドレミファどーなっつを懐かしむ人がたくさんいましたよ!

まとめ

おかあさんといっしょの人気人形劇「ドレミファどーなっつ」について
お伝えしました。

何年たっても子どもの頃に馴れ親しんだメロディーやダンスは覚えているもの。

10数年ぶりに昔聞いていた歌を耳にして
懐かしく当時を思い出せるのは幸せなことだと思います。

世代によって「おかあさんといっしょ」で見ていた人形劇は違うと思いますが、
子どもたちに夢を与える人形劇が続いていってほしいです。