話題の人・物

ジェジュン「化粧」の歌唱が心にしみる!思いを届けるような歌声が素敵!

2019年5月10日放送の「アナザースカイ」にK-POPアイドルのジェジュンが登場!

番組の中でジェジュンが中島みゆきの名曲「化粧」を歌うのを聞いて、知らず知らずのうちに涙が出てしまったのは私だけではないのでは?

ジェジュンのファンはもちろんのこと、これまでジェジュンという歌手を知らなかった人も、日本中で多くの人がジェジュンの歌に心を動かされたようです。

ジェジュンが歌う「化粧」が日本人の心を打つのはなぜなのでしょう。
また「化粧」が収録されたジェジュンの韓国のアルバムについても調べてみたのでお伝えします!

ジェジュンの歌う「化粧」は聞く人の心にしみる!

2019年3月17日、香港で行われた「第13回アジアンフィルムアワード」で“次世代スター賞”を受賞したK-POPアイドル・ジェジュン。
オープニングステージでジェジュンは、中島みゆきの名曲「化粧」を熱唱!

ジェジュンが「化粧」を歌い始めたのはいつ?何度も歌い続けた歌

ジェジュンが「化粧」を歌い始めたのは、2013年6月に日本で行われたコンサート。
それ以来、来日コンサートでは何度も何度もこの歌を歌っています。

「化粧」という曲はジェジュンにとって大切に大切に歌い続けてきた日本の歌だと言えますね。

2018年6月に日本でソロデビューした頃のインタビューで、
ジェジュンは「化粧」という曲について次のようなことを話しています。

こんな名曲があったとは!
女性はお化粧をしているときにこんなことを思うのか・・・。
女心を大切にして、その気持ちのまま歌いたい。

「化粧」に歌われている心情を理解しようと何十回も聞いたとか。

中島みゆきの「化粧」は 、1978年『愛していると云ってくれ』というアルバムに収録された曲。

ジェジュン世代の若者からすると、かなり昔に作られた曲ですよね。
にもかかわらず、

  • 数ある日本の歌の中から「化粧」という曲を見つけてくれたこと。
  • ジェジュンが「化粧」をコンサートで歌う曲に選んでくれたこと。
  • 来日コンサートで何度も歌ってくれていること。

その一つひとつに、心から「ありがとう」と言いたい!

アジアンフィルムアワードで韓国語と日本語で歌われた「化粧」


第13回アジアンフィルムアワードで、ジェジュンは“次世代スター賞”を受賞。
プレゼンターの細野晴臣さんが

彼は作詞、作曲においても優れた才能を発揮し、海外の音楽界にK-POPブームを巻き起こした。そして音楽シーンに多大な影響を与えただけでなく、俳優としての活躍などあらゆる分野で活動し新世代を代表する存在と言える

と授賞理由を述べていました。

オープニングステージでジェジュンは「化粧」を熱唱。

授賞式が行われる香港で、韓国人のジェジュンが日本の「化粧」という曲を歌う。
それも、1番は韓国語・2番は日本語で

TV番組でジェジュンが歌う「化粧」を聞いただけでも私は涙がにじんでくるのに、
授賞式会場で目の前でジェジュンの歌を聞いた人は、どんなにか心を揺さぶられたことでしょう。

「アナザースカイ」の中でジェジュンは次のように話しています。

アジアの映画祭なので「韓国語」と「日本語」を混ぜて歌うのが良いと思っって「化粧」にした

アジアに住んでいる人々を思いながら気持ちを込めて歌い、聴く人の心の琴線に触れること。
今までいろいろな国を訪れて歌い、デビュー以降たくさんの辛いことを乗り越えてきたジェジュンだからこそ出来ることだと思います。

kakashi@さんによる写真ACからの写真

韓国での「化粧」収録アルバム

ジェジュンの「化粧」への思い入れの強さは、韓国で自分のアルバムに収録したことからもわかります。

「化粧」が収録されたのは、ジェジュンの1stフルアルバム(リパッケージ盤)「WWWー化粧を落とす」!(2013年10月発売)

所属事務所の関係者は「リパッケージアルバムに追加収録される2曲は、愛する人を忘れなければならない切ない心を込めた『化粧』からモチーフを得て、『化粧を落とす』というサブタイトルを定めることになった。ジェジュンの感受性豊かな歌声が心境を表現する」と述べた。
出典:Kstyle(2014年01月09日)記事より

韓国で発売されるアルバムのサブタイトルに「化粧と落とす(화장을 지우다)」とつけるほど、「化粧」という曲への思いが強かったのでしょうね。

ジェジュンが「化粧」の歌詞を韓国語に翻訳した!

「化粧」の歌詞を韓国語に翻訳したのは、実はジェジュン本人!

ジェジュンが韓国語で歌う「化粧」の歌詞は、
中島みゆきが書いた日本語の歌詞にとても忠実に翻訳してあると思いますよ。

外国の歌を自分の国の言葉に翻訳しようとすると、そのままでは意味が伝わらないから意訳することがあるけれど、
ジェジュンは「化粧」本来の日本語の歌詞を丁寧に韓国語に訳していますね。

「化粧」の作者への敬意もあると思うけど、
何よりもジェジュンが日本語で書かれた歌詞の言葉の意味や描かれている情景・歌われている心情を理解してくれているのだと思います。

ジェジュンが歌う「化粧」は聞く人の心を揺さぶる!聞く人に語り掛けるように

ジェジュンは「化粧」をとてもゆっくりなテンポで歌います。
私達に語り掛けるように言葉一つひとつを大切に紡いでいくかのように

日本語の歌詞が描いている心情を言葉に載せて、聴く人にそっと届けてくれるような歌い方
ジェジュンがコンサートで「化粧」を歌う時、泣いてるファンがいるのもわかる気がします。

ジェジュン本人も「化粧」を歌いながら、ステージからファンの皆を見て涙が出そうになることがあるとか。

ジェジュンはTuneという番組(2019年4月28日放送)で次のようなことも話しています。

(言葉は)正しくちゃんと
大事に使わなくちゃいけないことだと思う。
歌うときにも。
話すときにも。

これまでたくさんの国でコンサートを行って、その国の人々や文化に触れてきたジェジュンだからこそ、
言葉の大切さを強く実感しているのでしょうね。

SHINeeテミンはダンスも歌も上手でかっこいい!日本語の実力は?日本で活躍しているK-POPアイドルと言えば、あなたも名前を知っているグループ名がいくつかあると思います。 その中でも人気抜群のア...

さいごに

ジェジュンが歌う「化粧」についてお伝えしてきました。

ジェジュンがこれまで日本語や韓国語で何度も歌ってきた「化粧」。
ずっと大切に歌い続けて欲しいなと思います。

日本で初のソロアルバム『Flawless Love』が発売されて、コンサートやTV番組への出演・雑誌の取材など、ジェジュンはますます日本での活動が増えていくようです。

ぜひ多くの人にジェジュンの歌を聞いて欲しいですね!