暮らし

マスクでメガネが曇るのを防ぐ方法とグッズを紹介!口コミや評判も!

マスクをした時にメガネが曇るのを防ぐ方法とおすすめのグッズを紹介します!

普段メガネをかけていると、マスクをするとメガネのレンズが曇るので困ります。

マスクが手放せない日が何日も続くと、メガネが曇るのがストレスに感じることも多いんですよね~。

ここでは、マスクをしてもメガネが曇るのを防ぐ方法やおすすめグッズを紹介します!

グッズの口コミや評判についても調べたので、選ぶ時の参考になさってくださいね。

マスクでメガネが曇るのを防ぐ方法!

マスクをした時にメガネが曇るの防ぐ方法を紹介します!

メガネが曇るたびにメガネを外して拭けばいいのだけど、出来るだけ手間がかからなくて負担が少ない方が助かるんですよね~。

マスクを使う生活が長く続くと、メガネが曇るのがストレスの原因になってしまいますから。

私が試してみた方法で一番手軽だったのはメガネに曇り止めを使う方法です!

最近はいろいろなタイプの曇り止めがあって効果が続くものもありますよ

マスクをいちいち外して着け直すのも毎日すると思うと大変です。

おすすめの曇り止めグッズを後でご紹介しますね。

 

マスクでメガネが曇るのを防ぐグッズのおすすめ5!

マスクをした時にメガネが曇るのを防ぐおすすめグッズを5つ紹介します!

メガネに使う曇り止めグッズ

メガネに使う曇り止めグッズを紹介します。

曇り止めジェル

メガネのレンズに使うジェルタイプの曇り止め。1回塗ると曇り止めの効果が長く続くので効果的です。だいたい24時間ぐらい効果が続くので、朝塗ったら夜までメガネが曇るのが気になりません。

1回に使う量は少量です。1本のチューブ(5g入り)で30~40回使えるので、1本買っておけば1か月ちょっと使えますね。

ジェルタイプの曇り止めは、スプレー式のタイプより使う量を加減しやすいですよ。

メガネが曇らなくてストレスを感じなかった

曇り止めの効果が長いので助かる

などの口コミが見られます。

こちらもジェルタイプの曇り止めです。

レンズにジェルを塗った後、乾燥させなくてもよいので手軽に使えます。

耐久性が高いので曇り止め効果が長続きしますよ。

使う量はほんの少しなので、経済的!

半信半疑だったけどメガネの曇りが解消できて大満足!

値段が高くても持続力がある曇り止めで、メガネが全然曇らない

使ってみた方からの評価は高いですね!

曇り止めスプレー

スプレータイプの曇り止めです。

メガネのレンズに吹きかけて、スプレー液が乾いてからティッシュペーパーなどで軽く拭き上げるだけでレンズの曇りを解消できます。

ジェルタイプの曇り止めより簡単で使いやすい

効果が持続しないので毎日塗らないといけない

匂いが無いのがいい

なども口コミがありました。

こちらもスプレータイプの曇り止めです。

メガネのレンズにスプレーしてティッシュペーパーなどで塗り込んだ後、
付属のクロスで拭き上げるだけでメガネが曇るのを防げます。

口コミには

メガネをきれいに洗った後に使う方が効果的

メガネが曇らないのでストレスレスです

メガネが一瞬曇ってもすぐに曇りが取れる

などがありました。

曇り止めのクロス

メガネの曇り止めレンズクロスです。

曇り止めレンズクロスでメガネを拭くと、曇り止め効果が長く続きます。

1枚で250回もレンズを拭けるのでとても経済的で、テレビでも話題になった商品です!

レンズがとてもクリアになってよかった
クロスで拭いたら本当にレンズが曇りません

などの口コミがありました。

マスクに使う曇り止めグッズ

次にマスクに使う曇り止めグッズを紹介します!

マスクの上部から息が漏れないようにすることでメガネが曇るのを防ぐグッズです。

マスクのノーズパッド

マスクの内側に貼って使うタイプのノーズパッドです。

使い方は、ノーズパッドの粘着テープをはがしてマスクに貼るだけ!

ノーズパッドを使ったら、マスクの内側にできる隙間を手軽に埋めることができるので、メガネが曇るのを防げますよ。

メガネが曇りにくいマスク

市販されるマスクに、メガネが曇りにくいマスクというのを見つけました!

息を口に近い場所から逃がす構造になっているので、メガネが曇らないし、マスクをしていても息もしやすいそうですよ!

マスクでメガネが曇るのをグッズを使わずに防ぐ方法

マスクとメガネ

マスクでメガネが曇るのを防ぐために、特別なグッズがなくても手軽にできる方法を紹介します。

マスクをした時にメガネが曇るのは、吐いた息がマスクの上部から漏れてくるため。

マスクの上部から息が漏れないようにするとメガネが曇るのを防ぐことができます!

マスクの上部を折り返す

不織布マスクなどの使い捨てマスクを使う時は、この方法が手軽にできて便利です。

使い捨てマスクの上部を内側に向けて1回折り返すだけでOK!

折り返す幅はお好みで調整してくださいね。使い捨てマスクを折り返したあと、ノーズフィッターを鼻に添わせるようにちょっと押さえておくのもポイントです。

この方法は簡単ですぐできるので覚えておくといいですよ!

ただ、手作りマスクの場合には上部を少しだけ折り返すのは難しいかもしれません。

市販の使い捨てマスクを着ける時には手軽にできるこの方法がおすすめです。

マスクの内側にティッシュペーパーを挟む方法

警視庁のツイッターにも書かれていましたが、マスクの内側にティッシュペーパーを挟むのもメガネが曇るのを防ぐのに効果的です。

ティッシュペーパーを折りたたんでマスクの内側の上部(鼻が当たる部分)に挟むだけです。

この方法も手軽にできますよ。

使い捨てマスクの他に手作りの布マスクにも使える方法です。

ただ暑い季節にマスクをする時は、マスクの内側が蒸れたり鼻の部分が汗ばんだりしてティッシュペーパーが汚れやすいです。

ずっと同じティッシュペーパーを挟んでいるより、マスクを着けている途中で何度かティッシュペーパーを替える方がいいかもしれないですね。

マスクの内側にガーゼを挟む方法

ガーゼがあればティッシュペーパーと同じようにマスクの内側に挟むとメガネが曇るのを防いでくれます。

暑い季節にマスクを使う時は、ガーゼが汗や蒸れを防いでくれますからティッシュペーパーを挟むより良いかもしれませんね。

まとめ

マスクをした時にメガネが曇るのを防ぐ方法とおすすめのグッズをご紹介しました。

メガネが曇るのを防ぐ方法には

  • メガネに曇り止めをする
  • マスクを内側に折る
  • マスクの内側にティッシュやガーゼを挟む

などがあります。

風邪をひいた時ぐらいしかマスクを使わなかった人も、最近は他の人へ配慮する意味でも毎日マスクが欠かせなくなりました。

マスクを使っていてメガネが曇って困る時は、手軽にできるものから試してみてくださいね!