暮らし

UVカットマスクの生地のおすすめと作り方!簡単に手作りする方法

UVカットマスクの生地おすすめと作り方

UVカットマスクを手作りしたいけど、おすすめの生地や作り方がわからなくてお困りではないですか?

市販のUVカットマスクもあるけど、洗い替え用も考えて家族分のUVカットマスクを購入しようと思ったら、結構な金額になるんですよね~。

そこでこの記事では、UVカットマスクを手作りしたい方のために、UVカットマスクにおすすめの生地や作り方をご紹介します!!

UVカットマスクの手作りにおすすめの素材

手作りのUVカットマスクにおすすめの素材を紹介します。

シルク素材

シルクは繊維自体が紫外線を吸収してくれるので、UVカットマスクの手作りに向いていますよ。

シルクのUVカット率は90%前後なんですよ!

これだけUVカット率が高いと、肌が紫外線から受ける負担を和らげてくれそうですね♡

その上シルクは、吸湿性や放湿性・通気性も良いので、夏用に使うマスクを作るのにもピッタリです。

ポリエステル素材

ポリエステルも紫外線対策にはおすすめの素材です。

ポリエステルは紫外線を吸収してくれるんですよ。

通気性の面では他の布に比べて良くないので、マスクに使うと少し暑く感じるかもしれませんね。

UVカットマスクにおすすめの生地

UVカットマスクを手作りする時は、UVカット加工がされている生地を材料に使うといいですよ!

おすすめのUVカット生地をいくつかご紹介しますね。

ご紹介しているUVカット生地はどれも薄い生地ですから、それ1枚でマスクを作るというよりも、マスクの内側にUVカット生地を使って外側にはお好みの布を使うといいですよ!

東レ クールビズライニング

夏用の服の裏地に使われる生地なので、肌触りが優しくてさらっとしているのが特徴です。

吸水性や通気性も良いですよ。また、吸収した水分を素早く発散してくれます。

 

この生地を使って実際にマスクを作った方は、日焼けやシミを防ぎたくてマスクの内側にこの生地を使った人が多いです。

  • 肌触りがとても良い
  • サラッとしているので暑い日でもマスクが辛くない
  • マスクの内側に使うとすごくいい感じ
  • マスクの裏地に使うとすごくいい感じで快適
  • 縫うのが難しいかなと心配したけどきれいに縫えた

などの口コミがありましたよ!

マスクは長時間顔に触れていますから、マスクの内側の生地は、UVカットの効果だけじゃなくて通気性や肌触りも重要ですね。

SADAN(シャダン)

遮熱ポリエルテル素材の生地です。鹿の子のような生地で通気性も良いです!

この生地を使って実際にマスクを作った方は、夏に向けて少しでも涼しく、紫外線も防ぎたくてこの生地を使ったそうですよ。

  • サラッとしたとても気持ち良い風合い
  • 張りもあって縫いやすいし扱いやすかった
  • 家族にも好評
  • この生地で何枚もマスクを作った

UVカットマスクを作る時は、この生地の裏面が肌に触れるように置くと心地よいマスクになりますよ!

このお店では、生地のどちら側が裏なのかわかるようにシールを貼ってもらえるそうです!

クールニットUV加工

吸湿速乾で汗ばむ夏にぴったりの薄手ポリエステルニット生地です。

UVカット加工がされていてUPF50⁺なので、肌が紫外線から受ける負担を和らげてくれます。

この生地でマスクを作った方の口コミでは、

  • 通気性も良くUV加工もしてあるので良かった
  • 付け心地が良いマスクができた
  • この生地をマスクの外側に使った方が良かった

などがありましたよ。

この生地をマスクの外側にして、接触冷感タイプの生地を内側に使うなど、工夫するのもいいですね。

UVカットマスクの作り方!型紙の紹介も

UVカットマスクを簡単に手作りできる作り方を紹介します!

UVカットマスクの作り方①【動画】

動画ではミシンが使われていますが、手縫いでもゆっくり縫えば大丈夫!

生地に直接線を書いたり折り目をつけたりしながら作っていくので、特別型紙を用意しなくても作れるところがいいです。

女性用・男性用・子ども用(服140㎝サイズ)のマスクの作り方が紹介されています。

UVカット効果のある市販のアームカバーがマスクの材料に使ってあるので、手持ちのUVカット素材のアームカバーがあればすぐ作れますね。

UVカットマスクの作り方②【動画と型紙】

立体マスクの簡単な作り方の動画です。ミシンが使われていますが、手縫いでも大丈夫ですよ!

型紙が紹介されているツイッターも載せておきますね。

子ども用(S・Lサイズ)・女性用の型紙です。

 

マスクの型紙の本がヴォーグ社から出ています!

手元に一冊型紙の本があると、これから何度もマスク作り作る時に型紙に悩まなくていいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

立体マスク型紙 MASK PATTERN BOOK
価格:330円(税込、送料無料) (2020/6/12時点)

楽天で購入

 

 

UVカットマスクで紫外線対策を!普通のマスクでは効果なし?

外出時に紫外線対策をするならUVカットマスクを使うのがおすすめです!

と言うのは、

普通のマスク(布や不織布のマスク)は紫外線を通してしまう

からです。

普通のマスクは紫外線を通す

UVカット対策が何もされてない布や紙は、紫外線を簡単に通してしまいます

そのため、普通の布マスクや不織布マスクをつけただけでは十分に紫外線を防げないのです。

今年の夏は「新しい生活様式」に合わせて生活するようになりますから、例年とは違って夏でもマスクをつけて過ごす時間が増えると思います。

特に外出する時にマスクなしで出かけるのは避けたいもの。

できるだけ肌が紫外線からの刺激を受けないように気をつけたいですね。

紫外線は肌にとっては大敵ですから!

外出時に浴びてしまう紫外線を防いでくれるUVカットマスクを使うことで、日焼けや老化から肌を守りながら過ごしたいですね!

マスクに日焼け防止スプレーは使わない

布用の日焼け予防スプレーは、傘や洋服や布製バック・防止・カーテンなどに吹きかけておくと日焼けを予防してくれるので効果的です。

でも、布マスクに日焼け予防スプレーをかけてしまうと、スプレーの成分が気化したものを吸い込んでしまう事になるので避けた方がいいですよ。

布用の日焼け予防スプレーは、もともと衣類や布製品が日光に当たって日焼けするのを防ぐ目的で作られています。長時間口元を覆うマスクに使用するのは、もともとの使用目的と違ってくるので注意してくださいね。

さいごに

夏は紫外線が気になるので、できるだけUVカットマスクを使って肌を守りたいですね。

UV加工がされた生地は洗濯してもUVカット効果がなくならない優れもの!

ぜひUVカットマスクを手作りしてみてくださいね!