暮らし

夏用の涼しいマスク子ども用の簡単な作り方!おすすめの生地や型紙も紹介!

涼しいマスク子ども用の作り方

夏用の涼しいマスクを子ども用に作りたいけど、簡単な作り方やどんな生地がいいのかわからなくてお困りではないですか?

例年とは違って、今年は夏でもマスクが必要になりそうです。マスクで熱中症になる心配もありますから、少しでも涼しいマスクを子どもには使わせてあげたいですね。

ここでは、夏用の涼しいマスク子ども用の簡単な作り方をご紹介します!

おすすめの生地や型紙もご紹介するので、参考になさってくださいね♪

夏用の涼しいマスク子ども用の簡単な作り方!

夏用の涼しいマスク子供用の簡単な作り方を2つご紹介します!

ミシンがなくても手縫いでも簡単に作れますよ

手縫いの場合は、ミシンを使って作る時より少し多めに時間がかかるだけ

どちらの作り方もまっすぐ縫うだけなので、ぜひ作ってみてくださいね。

簡単ンシンプル立体マスク【動画と型紙】

立体マスクの作り方の動画です。

マスクの型紙は下のツイッターからダウンロードできるようになっています。

小学校の高学年ならLサイズの型紙
小学校低学年ならSサイズの型紙を使います。

幼稚園の子どもに作ってあげる時は、Sサイズが大きいようでしたら、型紙を少し縮小してみるといいですね。

簡単に作れる夏用マスク(大臣マスク)【動画】

マスクの内側に接触冷感の生地を使う作り方です。

出来上がりの大きさ

  • 子ども用Sサイズ(縦10㎝×横14㎝)
  • 子ども用Mサイズ(縦12㎝×横16㎝)

使う布の大きさ

  • 子ども用Sサイズ(縦20㎝×横14㎝ 2枚)
  • 子ども用Mサイズ(縦22㎝×横15.5㎝ 2枚)

定規で測って布に直接線を書き入れながら作っていくので、型紙を準備しなくても作れますよ!

夏用の涼しいマスク子ども用におすすめの生地

夏用の涼しいマスクを子どもに作る時は、肌に負担が少なくて優しい素材の生地を選んであげたいですね。

ニュースで見たのですが、マスクの内側は湿度が100%に近いそうです。

その上、吐く息は体温と同じ温度なので、気温が高い時にマスクを長時間つけたままでいると、苦しくなるのもわかります。

マスクの内側の湿度が高くなって蒸れないようにするためには、次のような生地がおすすめです。

  • 通気性が良い
  • 吸湿性が良い
  • 乾きやすい
  • 肌触りが良い
  • 接触冷感タイプ

吐く息がマスクの内側にこもらないだけでも、涼しく感じます。

最近は100円ショップで接触冷感タイㇷ゚の生地を使った物を売っています。

手作り用の布でなくても、接触冷感タイプのアームカバーや、クールタオルなどを切ってマスクの材料に使うこともできます。

上手に生地を選んで、夏用の涼しいマスクを子どもに作ってあげましょう(^^)/

 

接触冷感生地のクッションカバーもいいですね!
100円ショップを探せば、他にもマスクに使えそうなものが見つかりそう!

マスクの内側にエアリズムを使うと、ひんやりして涼しそうですね。

夏用の涼しいマスク子ども用の手作りの例

子どもの夏用の涼しいマスクを手作りした例をSNSで見つけたので、紹介します!

子どもがマスクで熱中症にならないように工夫されていますよ!

クールタオルは春頃はまだ100円ショップにはなかったと思いますが、最近見かけるようになりましたね!

クールタオルは、例年梅雨時期から夏に向けて店頭に並び始めるので、今なら手に入りやすいと思います。

 

晒や浴衣の生地はさらっとしていて、吸水性が良く乾きやすいので涼しいマスクのが作れそうです。

これから夏に向けて気温が高くなっていくと思うので、マスクが蒸れないような生地を皆さん工夫されていますね♡

立体マスクはマスクの生地に直接口が触れないので、息がしやすいですね。

 

内側にちぢみ布を使うのもいいですね。ちぢみ布は、吸水性・放熱性がいいので夏のワンピースにも使われる生地。

ちぢみ布の服を着ると体温が下がるように感じますから、マスクの内側に使ったら涼しいマスクができますね。

紫外線が気になる季節になりました。UVカットマスクを手作りしたい時は、こちらの生地が参考になると思いますので、よかったらご覧くださいね。

UVカットマスクの生地おすすめと作り方
UVカットマスクの生地のおすすめと作り方!簡単に手作りする方法UVカットマスクを手作りしたいけど、おすすめの生地や作り方がわからなくてお困りではないですか? 市販のUVカットマスクもあるけど、...

さいごに

これから夏に向けて気温が高くなると、子どもにマスクをさせるのが心配になります。

マスクで覆った部分が蒸れて息苦しくなることがあるでしょうし、熱中症の心配もありますね。何しろ、夏にマスクをつけて過ごすことは、今までなかったことですから。

学校や幼稚園に行く時に、子どもに替えのマスクを持たせてあげたい方も多いと思います。

この記事が、夏用の涼しいマスクを作りたい方にとって、少しでも参考になったら嬉しいです!