暮らし

ゆで卵(半熟・固ゆで)を上手に作る方法!卵の選び方や綺麗な殻のむき方も

ゆで卵は簡単に作れるようで、綺麗に作るのはなかなか難しいですよね。

半熟卵を作りたいのにちょっとゆで時間が長くなって固ゆで卵になってしまったり
殻が綺麗にむけなくてボロボロになってしまったり・・・
そんなことってありませんか?

美味しいゆで卵を作るのは、簡単なようで結構難しいものですよね~。

ここでは、ゆで卵(半熟・固ゆで)を上手に作る方法や
どんな卵を選べばよいのか、
綺麗に殻をむくやり方についてもお伝えしますね。

この記事を読めば、誰でもお好みの固さのゆで卵を作ることができますよ!

ゆで卵を上手に作るためにはどんな卵を選べば良い?

ゆで卵の上手に作るためには、
次の事に気を付けるといいですよ。

  • 新しい卵より、少し古い卵を使う
  • 卵はMサイズの物がよい
  • ゆでる前に冷蔵庫から出して常温に10分ぐらい置いておく

ゆで卵を作る時は、少し古い卵の方が綺麗なゆで卵が作れます。

古い卵には、気室という空気の入った層ができるので
ゆでた後で殻がむきやすくなります。

新しい卵には気室がほとんどなく、
殻と白身の間にできる隙間が少なくて殻をむきにくいのです。

卵のサイズにはMサイズとLサイズがありますが、
これは白身の量に違いがあるだけ。

どちらのサイズも黄身の量はだいたい一緒です

ゆで卵を作る時には、
黄身がメインになるMサイズの卵といいですよ。

Lサイズの卵は、茶碗蒸しやお菓子などを作る時など
白身のふわふわ感を活かす料理に使うのがおススメ!

常温に戻した卵を使うのは、
冷蔵庫から出したばかりの卵を沸騰したお湯に入れると、
殻が割れてしまう恐れがあるからです。

忙しくから冷蔵庫から卵を出してすぐゆで卵を作りたいと思っている人も、
キッチンに入ったら何よりも先に
冷蔵庫から卵を出す
ようにすれば大丈夫!

鍋を出してお湯を沸かしたり
卵の丸い方に小さい穴をあけたりするうちに、
卵は程よく常温になると思いますよ。

ゆで卵(半熟・固ゆで)を上手に作るにはお湯からゆでよう!


ゆで卵を上手に作るためには、
沸騰したお湯に卵を入れてゆでる方法が
一番簡単なやり方です。

沸騰したお湯から卵をゆで始めると
半熟卵・固ゆで卵にピッタリのゆで時間を計ることができますよ!

お湯に入れた後、ゆで時間をちゃんと計る!

これだけで、誰が作っても美味しいゆで卵がつくれますよ!

半熟卵だって
初心者でも子供でも同じように上手に作れるんです。

沸騰したお湯から卵をゆで始めると外側の白身から固まるので、
黄身が片方に寄ってしまう事もないですよ。

卵をお湯からゆでる事のメリットはもう一つあります。

それは、
ゆで卵の白身の部分がプリップリな事!

今回私も始めtお湯から卵をゆでる方法を試してみて、
ゆで上がった卵の殻をむいて一口食べてみたら
その食感にとても驚きました!

これまで食べていたゆで卵とは全く別物という感じの食感で、
白身が固すぎないので美味しさが違いました!

これは一度試してみる価値はありますよ!

一方、水からゆで始めると、
鍋の大きさや水の量によって
お湯が沸騰するまでの時間が違ってきますよね。

そのため、何分ゆでれば美味しい半熟卵・固ゆで卵になるのか
時間を計るのが難しいというわけです。

  • たっぷりのお湯を沸かす
  • 常温に戻した卵をゆっくりとお湯に入れる
    ※お玉を使うと入れやすい
  • 時間を計りながら卵をゆでる
  • ゆで上がった卵を冷水にとって冷まし殻をむく

ゆで時間の目安は次の通りです。

半熟卵 7~8分
固ゆで卵 9分ぐらい

ゆで卵の殻を綺麗にむくやり方!

ゆで卵の殻をきれいにむくためには、
ゆで上がった卵をすぐに冷水に入れて冷やしましょう。

水の中で卵の底の部分(丸い方)にヒビを入れると、
殻と白身の間に隙間ができるので殻を簡単にむくことができます。

また、冷水に入れることによって、
余熱で卵にさらに火が入ってしまうのを防ぐこともできますよ!

もし、ゆで始める前に時間の余裕があれば、
卵の丸い方に画鋲を使って小さな穴を開けておくといいですよ。

もちろん画鋲は綺麗に洗ってから使ってくださいね。

卵の殻に穴を開けるのは思ったより簡単にできるし、
100円ショップで売られている穴あけ用グッズを使うのも良いですね。

卵の殻に小さな穴をあけると
ゆでている間に殻と白身の隙間に空間が広がるので
後で殻がむきやすくなるのです。

ゆでた卵を冷水に入れた後、殻にヒビを入れる
ゆでる前の卵に小さな穴をあけてからゆでる

どちらのやり方も、殻と白身の間に出来た空気の隙間に
水が入ることを利用して簡単に殻をむくことが出来る方法ですのでぜひ試してみてくださいね!

卵は栄養も豊富で値段も安いので、家計を預かる主婦にとっては助ける食材ですよね。
でも、卵は保存方法に注意しないと傷んでしまうこともあるんですよ。

卵を保存する時に気を付けた方が良い点について、こちらの記事にまとめましたので
よろしければこちらもご覧くださいね。

卵の保存は常温それとも冷蔵庫?保存する時に気を付けたい3つのポイント卵は安いしいろんな料理が作れるるので 家計を預かる主婦にとっては使いやすい食材です。 ふんわりした卵を使ったオムライスや お弁...

まとめ

ゆで卵を上手に作る方法についてお伝えしました。

お湯から卵をゆで始めると白身が外側から固まっていくので
黄身が片寄らずきれいに真ん中にくるようにできるし、

ゆで時間だけ計っておけば
半熟卵だって誰でも簡単に作れます。

ラーメン屋の半熟卵に負けないくらい美味しいゆで卵を
ご家庭でも作ってみてください!