暮らし

みりんにはどんな効果がある?みりん風調味料との違いや上手な使い方・レシピ

料理番組や本を見ると「みりん」がよく登場しますね。

和食を作る時によく使われる調味料の一つです。

キッチンに1本常備しているご家庭も多いと思いますが、
それは、みりん(本みりん)ですか?

それとも、みりん風調味料でしょうか?

スーパーには両方置いてあるし、どちらを選べばよいのか迷います。

この記事では、みりん(本みりん)とみりん風調味料の違いや
みりん(本みりん)の効果・上手な使い方などについてご紹介します。

みりんとは?みりん風調味料との違い


みりんは、和食には欠かせない調味料ですが、
一体何から作られているのでしょうか?

また、みりん風調味料とは何が違うのか
これからお伝えしますね。

みりん(本みりん)

みりんは、もち米に米麹を混ぜ、醸造用アルコールを加ええ作られて調味料。

みりん風調味料とは全く作り方が異なるので、
区別するために本みりんとも呼ばれます

(この記事の中で「みりん」と呼んでいるのは、「本みりん」の事です。)

みりんの甘さはもち米から自然に作られた物なので、
砂糖とは違った柔らかい甘みを出すことができます。

米麹からはアミノ酸が作られ、料理にコクや深みを与えます。

みりんがスーパーのお酒のコーナーに置いてあるのは、
アルコール分を14%ほど含んでいるからです。

みりん風調味料

みりん風調味料は、米などを原料にして作られた調味料です。

アルコール分は1パーセント未満しか含まないので
スーパーでは他の調味料と一緒の棚に並んでいます。

魚料理に入れても臭い消しはできません。

みりんを使う効果や上手な使い方


料理にみりんを加えると、どんな効果があるのでしょうか?

ツヤが出せる

ご飯を炊くときにみりんを少し加えるとツヤが出ます。

これは、みりんに含まれる糖分がお米の周りに膜を作るためで

お米1号に対して、みりん大さじ1/2

を加えるのが丁度よい配合です。(水加減はいつもの様にすればOK!)

みりんのアルコール分が、お米のぬか臭さを飛ばしてくれる効果もあります。

私もやってみたら、いつも食べているご飯に比べて
しっとりしているように感じました!

コクを出せる

みりんには、18種類のアミノ酸が含まれているので、
複雑な味で料理に深いコクを出すことができます。

煮崩れを防ぐ

みりんに含まれる糖とアルコールの働きで、
食材の表面をコーティングして煮くずれを防ぎます。

食材が煮崩れすると、うま味がどんどん出て行ってしまうので
煮崩れはできるだけ防いだ方が料理がおいしくなるんです。

臭みを消す

魚介類を使った料理を作る時、
みりんの臭みを消す力を利用すると上手く作れます。

これは、みりんのアルコール分が蒸発する時に
他の臭いも取り込んでくれるからです。

甘みを出す

みりんは、甘いお酒と呼ばれることもあります。

卵焼きに、砂糖の代わりにみりんを使って作ると
上品な味に出来上がりますよ。

みりんを使った料理レシピ


TV番組「家事ヤロウ」で紹介されたレシピをお伝えしますね!

生姜みりん

肉料理にも魚料理にも使えるし、簡単に作れるのでおススメ!

私は週末など時間のある時に作っておくようにしています。

  • 生姜80gをすり下ろす
  • すり下ろした生姜とみりん200mlを鍋に入れて中火で混ぜながら煮る
  • 沸騰したら弱火にして8分煮詰める

※加熱するとみりんの糖分が濃縮してシロップみたいになります。

番組では、豚の生姜焼きを作る時、
豚肉を両面焼いた後、仕上げに醤油と生姜みりんを加えて味を付けていましたよ。

鮭のみりん漬け

  • ジッパー付き袋に塩鮭2匹を入れる
  • みりん大さじ3・しょう油・大さじ1・塩小さじ1/2を加える
  • 軽く手でもんで味をなじませる
  • 冷蔵庫で1時間漬けこんでから焼く

※みりんのアルコール分が鮭の身がボロボロになるのを防ぎます。

まとめ

みりんは、優しい甘さやコクを出すために和食には欠かせない調味料です。

上手に使うと料理上手になれそうですね!