暮らし

国民年金の加入は留学中どうする?留学前後に必要になる手続きは?

日本では20歳になったら国民年金に加入する義務があります。

国内の大学に進学したら
国民年金加入の時期になったら申請書類が郵送で自宅に届くので
加入忘れになる心配はないと思いますが、

海外の大学に留学中の学生やこれから留学の予定がある人は、
国民年金の加入はどのようにすればよいのでしょうか。

我が家でもアメリカに留学中の娘が20歳になるので、
年金の加入について調べたり年金事務所に問い合わせたりして
初めて分かったことがたくさんありました。

今回は、これから長期で留学に行く方が国民年金に関して
日本でどの様な手続きをして留学に行けばよいか、
また、帰国後に必要になる手続きについてもまとめてみました。

国民年金の加入手続きは留学中どうすればいい?


日本に住んでいる20歳以上60歳未満の人は、
国民年金の加入する義務があります

20歳になると、収入の有無に関わらず国民年金の保険料を納付しなければなりません。

国内の大学に通う学生の中には
『学生納付特例制度』を申請して
学生の間は保険料の納付を猶予してもらう人も多いです。

では、海外に留学中の学生やこれから留学予定がある人は、
年金の加入や保険料の納付をどのようにすればよいのでしょうか?

留学中の国民年金への加入については、
海外転出届を提出するかどうかによって
手続きが違ってきます。

海外転出届を出して留学する場合

留学のため海外に出国する前には『海外転出届』を市区町村の窓口に提出します。

『海外転出届』を提出したら国民年金の強制加入義務はなくなります。

というのは、国民年金の被保険者の資格は
「日本国内に居住している20歳以上60歳未満」と定められているから
です。

海外転出届を提出した時点で年金の被保険者の資格を失うので、
国民年金への加入義務がなくなり保険料の納付義務もなくなります。

ただ、海外在住期間中に国民年金の支払いをしなかった分
将来受給する年金額には減ってしまうので
その点は注意しましょう。

海外転出届を提出した場合でも、将来受け取る年金額を減らしたくない時は
次のような手続きがあります。

海外転出届を出して、国民年金に任意加入する場合

留学のために海外転出届を提出したら
国民年金の強制加入被保険者ではなくなりますが、
日本国籍の方であれば国民年金に任意加入することができます。

任意加入という方法をとれば、
海外に居た期間も保険料納付済期間として計算され
将来の年金額が減ることもありません。

年金に任意加入の手続きをすることで、
海外在住中も1号被保険者としての資格を持つことができるわけです。

任意加入被保険者も国内の国民年金第1号被保険者同様、受給要件を満たした場合、保険料納付済期間に応じた老齢基礎年金を受け取ることができます。(任意加入しても保険料を納めない場合には、年金額には反映しません。)
また、任意加入したうえで保険料を納めることで、海外在住期間に死亡したときや病気やけがで障害が残ったときに遺族基礎年金や障害基礎年金が支給されます。(引用:日本年金機構公式サイト)

障害年金を受給するためには
その障害の原因となるケガや病気の「初診日」が被保険者の期間中でなければなりません。

つまり、留学中に国民年金に任意加入していなければ、
もし障害を負うような病気やケガをしたとしても
初診日が被保険者の資格を失っている間になってしまうので障害年金はもらえないということです。

海外の大学等は学生納付特例制度の対象外なので、
年金に任意加入したら保険料を払うことになりますが、

納付した保険料は将来の年金額に反映されるので、
万が一の事も考えて任意加入をした方が良いかもしれません。

国民年金任意加入の手続きと保険料納付の方法

国民年金の任意加入の手続きは、
市町村区役所の窓口ですることができます。

保険料の納付方法には次のようなものがあります。

  • 国内に住んでいる保護者・家族が本人のかわりに納める方法
  • 本人の銀行口座から引き落とす方法
  • クレジットカード払いにする方法

住所を国内に残したまま留学する場合

短期留学で海外の大学に通う場合、
日本に住所を残したままで出発することもあると思います。

この場合は、日本に住んでいる時と同じように年金の保険料を支払います。

海外の大学等は『学生納付特例制度』の対象外になるので
保険料納付の猶予はされないので注意しましょう。

留学前後に必要になる手続きは?

留学を終えて日本に帰国したら、
2週間以内に市町村区役所で転入手続きをして住民票を復活させます
その手続きが終わったら国民年金に再加入する手続きをすることができます。

年金の任意加入手続きをした人は
帰国して日本国内に転入手続きをしたら、
その時点で国民年金は強制加入被保険者となる
ので、
転入した市区町村役場で年金加入の手続きをします。

一時帰国などで短期間だけ国内に住所を移した場合でも、
その期間は年金の強制加入被保険者となるので手続きが必要です。

まとめ

留学中の国民年金の加入についてお伝えしました。

留学する時に海外転出届を提出したら
国民年金の加入義務はなくなるので保険料納付しなくてもよい反面

将来の年金額が減っって、障害者年金は受給ができません。

海外転出届を出しても年金に任意加入した場合は、
海外在住中毎月国民年金を納付しなければなりませんが、

将来の年金受給額が減らないし障害者年金を受給できます。

留学する時は、国民年金の任意加入という方法がありますが、
メリットとデメリットを考えに入れて
どのようにするかを決めるといいと思います。