暮らし

日傘のUVカット率・遮光率とは?体感温度や暑さ対策に違いがある?

毎日、夏の日差しが厳しく感じられますね!

夏のこの時期に女性にとって必需品とも言えるのが日傘です。

最近は傘売り場で男性用日傘も数多く見かけるようになりました。

日傘についているタグに「UVカット率」とか「遮光率」と
書かれているのをよく見ますが、いったい何を指すのでしょう?

今回は、日傘のUVカット率・遮光率とは何を指す言葉なのか、
日傘を使うことで体感温度・暑さ対策に違いがあるのかについて
お伝えします。

日傘のUVカット率・遮光率とは?日傘を使って自分の体を守ろう!


街中の傘売り場では、夏が近づくといろんなタイプの日傘が並びます。

パラソルタイプの日傘もあれば
折りたたみができる軽量タイプの物も。

昔は女性用の日傘しかなかったと思いますが、
最近は男性用の日傘も多いですよ!

日傘にはよく「UVカット率〇〇%」とか「遮光率〇〇%」と書いたタグが付いていますが、
何を表している言葉でしょうか?

それについて、これからお伝えしますね。

UVカット率とは?数値が高いほど日焼けを防ぐ!

UVカット率というのは、
紫外線をカットする効果を表すものです。

UVカット率の数値が高いほど日焼けしにくくシミができにくいと言えます。

日焼け対策を目的にして日傘を選ぶのなら
UVカット率をチェックすればOK!

遮光率とは?数値が高いほど涼しい!

強い日差しを避けて、外出中なるべく涼しい日影を歩きたい!

そう思っている人は「遮光率」の数値をチェック!

遮光率は、可視光線をカットする効果の事で、
数値が高いほど光をさえぎって陰が濃いと言えます。

日差しの暑さをカットして涼しくしたい人は、
遮光率をチェックしましょう!

日傘の色でも違いがある?強い日差しから自分の体を守る!

昔は、日傘の多くは麻や木綿の生地でできた白のパラソルタイプの物が多かったと思います。

アニメの「サザエさん」に出てくるのは
このタイプの日傘ですよね。

白い日傘は太陽の日差しを反射してくれて
生地の温度が上昇するのを防ぎます。

白い日傘は、見た目も涼しげにみえますよね。

最近主流になっている黒や紺色の日傘は、
日陰をを作ってくれる一方で生地が熱を吸収するので
日傘の表面温度が上昇することも・・・。

色によって日傘を使う時に表面温度に違いが出ますが、

日傘の生地に紫外線カット加工を施すと、
生地の色にかかわらず 紫外線はカットできるので、
自分の好きな色の日傘を選ぶといいですね。

日傘のUVカット加工の有効期限は2年

日傘の生地の外側に塗ってある紫外線防止の塗料は、
強い日差しでダメージを受けると効果が薄れていくからです。

また、最近では二重張りになった日傘も多いですよ!

二重張りの日傘とは
表面が明るい色で裏面が濃い色になった日傘の事。

涼しさと紫外線防止。

どちらも兼ね備えた日傘だと言えますね。

日傘を使うと体感温度が違う!日陰を作って暑さ対策!

年々日本の夏は気温が上昇して、そのために熱中症にかかる人は増えています。

平成30年5~9月に熱中症で救急搬送人数は、全国で約9万5千人にも及ぶそうです。

これは過去最高の数。

酷暑という言い方にも慣れてしまうほど
日本の夏は暑いです。

そのため環境省が、女性だけでなく男性も日傘を使うよう呼びかけています。

出典:環境省熱中症予防情報サイトより

このグラフから「暑さ指数」が28を超えると
熱中症にかかる危険は高くなる
ことが分かります。

でも、日傘をさすと、ささないときに比べて
暑さ指数が1~3度低くなるそうですよ!

日傘が熱中症予防に役立つことが分かりますね。

また、UVカットのコーティング加工がされた日傘は
太陽光と熱をカットするので、

体感温度がマイナス10度になる日傘もあるとか。

環境省でも「木陰や人工日よけにより、直射日光を下げることで3から7℃体感温度が下がる
と日傘の使用を勧めています。

まとめ

夏の必需品になりつつある日傘についてお伝えしました。

UVカット率は紫外線をカットする効果を表すもので、
遮光率は太陽の光を遮る効果を表すものでした。

日傘を上手に使えば、外出中でも体の周りに日陰を作って
体感温度を下げることができるし、日焼けも防いでくれます。

UVカット効果・遮光効果のある日傘を上手に使って、
うだるような暑さの真夏を涼しく過ごしたいものですね。