暮らし

洗濯物の生乾き臭の原因は?臭いを予防する方法や取り方はあるの?

雨の日が続くと洗濯物を部屋干しにするしかないし、洗濯物の生乾きのような臭いが気になる事ってありませんか?

ちゃんと乾かしたはずなのに、手や顔を洗って拭いたとたんタオルから臭いがしたり、

梅雨時期ももちろんですが、寒くなってくると洗濯物を外で干してもしっかり乾かなくて臭くなってしまう事も。
主婦にとっては洗濯一つとっても悩みの種になりますよね。

長年主婦をやっている私も、未だに洗濯物の臭いには苦労していて・・・・。

そこで、洗濯物の生乾き臭の原因や臭いを予防するための方法、臭いを取る方法について調べた事をシェアしたいと思います。

洗濯物の生乾き臭の原因

洗濯物の生乾きのような臭い。
あれって本当に嫌なものですよね!

せっかく乾いたとおもっていたタオルが、洗った手を拭いてみたら水分を含んだとたん臭くなってしまう事もありますよね。

臭いの原因は何なのでしょう。
原因は3つ!

臭いの原因について、これからお伝えしますね。

菌が原因

洗濯物の臭いの原因の一つは、洗濯物についた菌です。

菌の名前はモラクセラ菌

何だか舌を噛みそうな名前です。

モラクセラ菌は、人間からでる水分や皮脂を栄養に繁殖するそうですよ。

洗濯したものをいつまでも湿ったままにしないことが重要!
洗濯物を長時間湿ったままにしておくと、モラクセラ菌を繁殖して臭いを発生させてしまいます。

洗濯機の汚れが原因

せっかく洗濯物の汚れをきれいに落とそうとしても、
洗濯機がカビなどで汚れていたら、それが洗濯物についてしって臭いの原因になります。

洗濯槽の内側って、カビやほこりで結構汚れているんですよね。
それに洗濯機のフィルターもこまめに汚れを取り除かないと、
フィルターに溜まった糸くずやほこり等が菌を繁殖させてしまいます。

市販の洗濯機用洗剤を使えば洗濯槽の内側のカビが手軽に落とせるので、
私は定期的に(2~3か月に1回ぐらい)洗濯機の掃除をするようにしています。

落ちていない汚れが原因

洗濯の時に使う洗剤の量を正しく計ってますか?
洗剤が少なすぎると、洗濯物に汚れが残ってしまって臭いの原因になる事も。

もちろん洗剤の入れすぎもよくないので、
きちんと適量を計って洗剤を使いたいですね。

洗濯機に入れる洗濯物の量にも気を付けましょう。

一度にたくさんの洗濯物を入れてしまうと、
洗濯機の中でしっかりと洗濯物が回らなくて汚れが落ちないこともありますよ。

落ちていない汚れが臭いの原因にもなってしまいます。

洗濯物の臭いを予防する方法

洗濯物に生乾き臭が残らないようにするために、
できる事は何でしょう?

洗濯前・洗濯する時・洗濯後に分けてお伝えしますね。

洗濯前に気を付ける事

洗濯前に気を付ける事には次のようなことがありますよ。

  • 脱いだものを洗濯機にすぐ入れない
  • 濡れたタオルは広げて掛けておく(濡れたままで置かない)
  • 汗などで湿ったものも洗濯カゴ等通気性が良い物に入れる

洗濯物の生乾き臭を予防するには、風を通すことが大事!

洗濯物の生乾き臭の原因になるモラクセラ菌は、
服やタオルが長時間濡れたままになっているとどんどん繁殖するから。

なので、少しでも服やタオルが湿った状態を短くするのがポイントです!

洗濯機に脱いだ衣類や使った後水分を含んだままのタオルをすぐに入れてしまうと、
モラクセラ菌が大喜びする状態を作ってあげてるようなものですね。

通気性の良いカゴなどを用意して、洗濯前の衣類を入れるようにするといいですよ。

我が家では、使った後のバスタオルはベランダに置いたタオル掛けに一晩広げておきます。
翌日洗濯する時までベランダで風に当てて乾かすんです。

タオルが濡れたままの状態が短くなるので、バスタオルが臭わなくなったように感じます。
良かったらやってみてくださいね。

洗濯する時に気を付ける事

洗濯をする時に気を付ける事は、洗濯機に入れる洗濯物の量です!

洗濯機に洗濯物をたくさん詰め込んでしまうと

洗濯機の中でしっかりと洗濯物が回らなくなって、
十分に汚れを落とすことができなくて臭いの原因になる

溜まった衣類やタオルを一度に洗ってしまいたくなるけど

洗濯機に一回に入れる洗濯物の量は

洗濯機の容量の7~8割が目安

一度に洗える量って、思ったよりも少なく感じますね。

臭いが気になるときは、柔軟剤を使ってみるのも良いそうです。
柔軟剤を使う時は、入れ過ぎないように気を付けて。

洗濯後に気を付ける事

洗濯後に気を付ける事は

  • 洗濯物はなるべく早く乾かす(理想は5時間以内で乾かす)
  • 使った後の洗濯機は蓋を開けておいて内側を乾かす

洗濯が終わったら、なるべく早く乾くように干しましょう!

生乾き臭が残らないようにするためには、
洗い終わってから5時間以内に乾かすのがベスト!

5時間って結構短いですね。

部屋干しなら、扇風機で風を当てるのも良いそうですよ。

早く乾かすためには、とにかく風が必要!!

使い終わった洗濯機はカビの原因にもなる湿気がたまりやすいので
しばらく蓋を開けておくといいですよ。

ただし、小さいお子さんがおられるなら
蓋を開けたままだと危ないことも。
この点は注意してくださいね。

洗濯物についた臭いを取る方法

一度洗濯物についた臭いはとれるのか?
調べてみたら、次のような方法がありました。

  • 煮沸消毒
  • 熱湯消毒
  • 乾燥機やアイロンを使う

煮沸消毒は、大きい鍋にお湯を沸かして臭いのついた洗濯物をしばらく煮ることで臭いを取る方法。

熱湯消毒は、臭いのついた洗濯物に熱湯をかけて浸けておき、冷めたら洗濯機に入れて洗う方法。

煮沸消毒と熱湯消毒は熱いお湯を使うので、
十分気を付けないと危ないかもしれないですね。

1~2枚のタオルなら何とかやれそうな気もするけど・・・。
洗い場が広くないとお湯を運んでくるだけでも大変ですね。

でも、乾燥機やアイロンを使うのは何とかなりそう!

自宅に乾燥機がない人でも
近所にコインランドリーがあるなら乾燥させるだけでも利用してみましょう。

臭いが上手く取れそうなら
乾燥機を購入するのもありですね。

アイロンで乾かすのは、ワイシャツはできそうだけど
タオルなんかはアイロンでは難しいかも・・・。

まとめ

梅雨時期に主婦を悩ます洗濯物の生乾き臭について
臭いの原因や予防方法、臭いを取る方法などについてご紹介しました。

一度洗濯物についた臭いを取る方法には簡単なものはなく、
難しいことが分かりました。

いずれにしても、
洗濯物に臭いを付けないようにするのが重要!

いかに臭いの原因を避けるかに気持ちを向けて
ちょっとした手間を惜しまずに暮らす事が、
洗濯物の臭いを予防する一番の近道かもしれません。