暮らし

アイカサで福岡でも傘シェア!スポット設置場所や料金・使い方を紹介

福岡市で「アイカサ」という傘のシェアリングサービスが利用できるようになりました!

初めて聞く傘のシェアリングサービスという言葉に
最初はびっくりしたけれど、

シェアハウスとか、カーシェアとか
誰かと何かをシェアリングする文化が身近なところで浸透してきている中、

傘もシェアリング出来るなんて、素敵ですね!

傘を持っていない時に限って雨が降り始めて
もったいないと思いつつもコンビニでビニール傘を買った事、
あなたもきっとあるのでは?

そんな不便さをなくすのが「アイカサ」!

その場しのぎに買ったビニール傘が街中のゴミ箱に捨てられている光景が、
これからは減っていくかもしれません。

傘を「買う」時代から「借りる」時代へ!

さっそくアイカサを利用してみたので、福岡市内のアイカサスポット設置場所や使い方・料金などについてご紹介しますね!

アイカサって何?


アイカサは、(株)Nature Innovation Groupが始めた傘のシェアリングサービスで、
すでに東京・渋谷で導入されていて利用登録者は約10,000人もいるそうですよ!

何より驚きなのは傘の返却率が100%ということ!

 2018年12月に始まった東京・渋谷と周辺では、現在約120カ所に傘を設置。1万人超が登録し、返却率は100%という。
出典:毎日新聞(2019年5月22日)より

人は、傘を買いたいのではなくて
傘を買うことで濡れないという体験を買っている。

アイカサの丸川照司社長が記者会見で話された言葉がとても新鮮でした!

突然の雨に困ってコンビニでビニール傘を買ってしまうことってありますよね。
我が家にはビニール傘がどんどんたまって、なんと4本もあります。

その場しのぎで買ってしまうビニール傘の出費って
家計を預かる主婦としては本当に嫌なんですけどね。

街中では、ゴミ箱に投げ込むように捨てられたビニール傘をよく見かけるし。

本当に、もったいない!

濡れないという体験を届けるために考え出されたアイカサを利用すれば、
一本の傘が何百回も使われて
人にも環境にも優しい社会が実現できそうですね。

福岡でアイカサを利用するために

福岡でアイカサが置かれているアイカサスポットは、天神・博多に約40か所
1000本の傘を使ってシェアリングサービスがスタートしました。

どのような手続きをすればアイカサを利用できるのかをお伝えしますね。

アイカサの登録方法

アイカサで傘を借りるには、まず、アイカサのLINE公式アカウントと友だちになりましょう!

QRコードを読み取り、LINEから友達追加すれば完了です。
私にも簡単に出来ました!

福岡のアイカサスポット設置場所

アイカサと友だちになったら(登録したら)
「スポットを確認」からアイカサスポットの場所を知ることができます。
MAPにすぐ表示されましたよ!

ブルーのアイカサマークを押すと、傘の本数や利用可能な時間帯がわかるので助かります。

今後アイカサスポットも傘の数もどんどん増やしていくそうですよ!

まだ、アイカサに登録してない人のために
どこにアイカサが置いてあるのかをお伝えしますね。
(2019年5月21日現在情報)

福岡市地下鉄天神駅 1か所
福岡市庁舎 3か所
福岡市中央区役所 1か所
西鉄福岡(天神)駅 1か所
ソラリアステージ 4か所
ソラリアプラザ 2か所
天神コア 1か所
西鉄イン福岡 1か所
キャナルシティ博多 4か所
博多センタービル 1か所
クラスけやき通り 1か所
イムズ 4か所
イオンショッパーズ福岡店 2か所
LINE Fukuoka株式会社 福岡市内オフィス 3か所
株式会社西日本シティ銀行(本店営業部・福岡支店・大名支店)
パルコ 福岡店 2か所
ノース天神 2か所
博多大丸 本館1階インフォメーションセンター
西日本新聞会館 2か所
エルガーラホール 1か所
エルガーラビル 1か所
学校法人西南学院 3か所

アイカサの使い方と料金

アイカサの使い方はとても簡単です。

初めて利用する時は私もドキドキしたんですけど、
QRコードを読み取ればすぐに傘を借りることができましたし、
返却もすぐに済みましたよ。

アイカサの使い方について紹介しますね。

アイカサを借りる方法

LINEのトークからアイカサを選んで始めます。

  • 『スポットを確認』⇒アイカサスポットの場所と本数を確認する
  • 『傘を借りる/返す』⇒傘の持ち手にあるQRコードを読み取る
  • 使用前傘が綺麗に畳まれていたか回答する(YES or NOで)
  • 表示される暗証番号の通りに傘の持ち手のダイヤルを合わせる
  •     

  • ロックが解除されて傘が利用できるようになる

アイカサの返却方法

LINEのトークからアイカサを選んで始めます。

  • 『傘を借りる/返す』⇒アイカサスポットにある返却用QRコードを読み込む
  • 『ご利用ありがとうございました!』の画面が出たら、傘をきれいに畳んで返却する

借りた場所とは別のアイカサスポットに返却してもOKなので
すごく助かりますよね。

LINEに「返却ありがとうございました」とメッセージが届くので
傘をちゃんと返却できたか不安に思うこともないですよ!

アイカサの利用料金

アイカサを利用した時の料金は、
1日(24時間)あたり70円
(1~6日目まで)

6日目以降は月末までは何日借りても上限は420円
雨が降る度にビニール傘を買うより安いと思いませんか?

「LINE Pay」またはクレジットカードで支払う方法があります。

今ならキャンペーン中なので、
1日1円で利用することも!

キャンペーン名:福岡限定!LINE Payで1円傘キャンペーン
期間:2019年5月21日(火)~6月20日(木)
    ※延長の可能性あり
対象:期間中に福岡市内の傘シェアスポットにてシェアリング傘を利用し、支払い方法を「LINE Pay」に設定されている方

アイカサを利用した翌月1日に、
LINEで先月分のアイカサ利用金額を知らせるメッセージが来ました!

アイカサ利用料金の支払いは、LINEのメッセージ下にあるURLから済ませれば完了!

ひとつだけ気を付けて欲しい点は、

支払いは月末締めになっているので
月末までに傘を返却し忘れて翌月に持ち越した場合は、
翌月分の料金が必要。

傘を借りてから1か月間の料金が上限420円というわけではないので、
その点は気を付けて下さいね。

傘が破損した場合について

アイカサはとても利用してみたいけど、
もし傘が破損してしっまたらどうしよう・・・。

そんな心配もいらないですよ。

故意に傘を壊したのでなければ、別途料金がかかることはないそうです。

ただ、置き忘れや紛失などで返却できなくなった場合は、
買取」をすることになって864円必要
になります。

どちらの場合もまず、アイカサのLINEからお問い合わせができるので
困ったときはすぐに連絡するといいですね。

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。アイカサ

まとめ

福岡でスタートした傘のシェアリングサービス・アイカサについて、
登録方法や傘スポットの設置場所・使い方・料金などをお伝えしました。

アイカサがスタートしてから、
福岡では雨が降るのを楽しみにしている人が結構いるみたいですよ。
実は、私もその中の一人なんですけどね。

傘も財布も持たずに身軽におでかけできる街を「アイカサ」と一緒にみんなで作っていきたいな!

福岡市では、今後現在の10倍から100倍、傘の本数も数万本まで規模を拡げていく予定とか。
アイカサも福岡市もLINE FUKUOKAも、これからますます目が離せませんよ!