留学準備

アメリカの大学の学費は高い?留学費用の支払い方法や支払い期限について

アメリカへの留学を考えたときに、まずはじめに悩むのが学費のことだと思います。
いったいアメリカの大学の学費はいくらなのか?
卒業するまでにいくらかかるのか、とても心配ですよね。

我が家も同じように学費や留学費用の事で悩んだので、よくわかります。

この記事では、アメリカの大学の学費は実際高いのかどうか、
日本からアメリカへの学費の支払い方や支払い期限についても
ご紹介します。

アメリカの大学の学費は高い?

留学にはどんな費用がかかる?

アメリカの大学留学にかかる費用には
 ・学費
 ・寮・食費
 そして、その他の費用として、教材費や渡航費・保険料などがあります。
留学費用の中で一番重要で金額が大きく悩みの種になるのが「学費」と「寮・食費」です。

娘の通う大学は全寮制なので、「学費」と「寮・食費」
そして必ず加入するように言われた留学生保険の「保険料」を合わせたものが
一年間に大学へ納入する費用でした。

アメリカの大学の学費は高い?

アメリカにはたくさんの大学があるので、
大学の種類やロケーション(大学が都会にあるか田舎にあるか)などによっても
学費やその他の費用に違いがあります。

カレッジボードで調べてみたら、日本でも名前が知られているような有名難関私立大学は、
年間に必要な費用(学費と寮・食費)が65,000~70,000ドルくらいかかるようなので
日本の大学でかかる費用と比べると、かなり高い!!と感じますよね。

でも、アメリカの私立大学の場合、日本とは違って
年間に必要な学費を全て支払っている学生は多くはありません。
アメリカ国内の学生の多くが何かしらの奨学金や学費援助を受けて大学に通っていて、
どちらも返済不要なんです。

なぜ多くの学生が奨学金や学費援助を受けられるのか?
それは、その大学を卒業した人達から寄せられる多額の寄付のおかげなんです。

学生時代に奨学金や学費援助を受けて勉強して、将来成功して母校に寄付をする。

とても素敵なことですよね。

もちろん留学生がうけとれる奨学金もあるんです!
留学生の場合も返済不要になりますよ。
学費を全額免除される場合も(ごく少数ですが)あります。

全額免除とはいかなくても、4年間ある程度の奨学金を受けることができれば
留学にかかる費用は、地方から東京に出て、セキュリティ上安心な場所に一人暮らしをしながら
私立大学に通う費用とだいたい近い金額にすることもできるんですよ!

また、田舎にある大学は都会にある大学に比べて費用が比較的安いので、
調べてみるのもいいですね。

留学費用の支払い方法や支払い期限について

留学費用の支払い方にはどんな方法があるの?

留学費用の支払い方法には
・クレジットカードでの支払い
・日本からの海外送金
などがありますが、

Flywireという国際送金サービスを利用して
費用を支払うこともできますよ。

大学からの勧めもあって、我が家でもFlywireを利用して大学の費用を支払いました。

海外へ送金する時には、想定外の銀行手数料が発生したために
大学へ振り込まれた学費が最終的に足りなくなる事態が起こったこともあるそうですが、
Flywireを利用すると日本から振り込んだ学費の全額が確実に振り込まれます。

それに、Flywireを利用すると海外送金手数料がかからないし、
支払い手続き開始から大学の口座への振込まで支払い状況を追跡できるので安心でした。

大学の方でもFlywireを利用すると
振込と支払い者の照合が簡単にできて助かると言われます。

大学の費用はいつまでに支払うの?

アメリカの大学の費用(学費と寮・食費)は学期ごとに支払います。
例えば、娘の大学は2学期制(セメスター制)なので、支払いの時期が年2回あることになります。

だいたい学期が始まる数週間前には支払い期限があるので、
7月と12月に支払うことが多いと思いますよ。

ここで気になるのが為替レート。
1円動くだけでも数万円の違いになるので、留学費用の支払い時期が近づくと
少しでも支払い額を安くできないかと思って、ニュースがとても気になります。

まとめ

アメリカの大学の学費は日本で大学に通うことに比べると高く感じるかもしれません。

でも、実際には留学生でも返済不要の奨学金を受けられる機会があるし、
学費の安い大学もあります。
費用の面で留学をあきらめるなんてしないで、いろいろ調べてみるといいですよ。