留学準備

ギャップタームとは?アメリカ留学に出発するまでの過ごし方!

日本の高校生がアメリカの大学への進学・留学を考え始めたら、
ギャップタームという言葉を耳にし始めると思います。

高校卒業後の数か月
アメリカの大学に入学するまでの自由な期間をギャップタームというのですが
何をすればよいのか、何をして過ごすのか
疑問も出てくるのではないでしょうか?

アメリカの大学に留学している学生は
留学前にどんなギャップタームを過ごしたのでしょう?

この記事では、実際にギャップタームを過ごした娘や娘の友人の例もあげながら
ギャップタームの過ごし方についてご紹介します!

ギャップタームって何?

日本では幼稚園から小・中・高校・大学まで
3月に卒業や学年末を迎えて、4月に入学・進級しますよね。
でも、アメリカでは学校の入学や進級は9月に行われます。
日本とアメリカでは学校の1年のスタートが違うんですね。

日本の高校生が3月に高校を卒業してから
8月末ごろにアメリカの留学先大学へ向けて出発するまで、
どこにも所属してない期間が生じます。

この期間を指してギャップタームと呼ばれています。

半年近くにもなるギャップターム。

高校を卒業するまでずっと学校に通っていて学年・クラスの一員で、
一年間の行事予定や部活などスケジュールがはっきりしていたのに
どこにも所属しない微妙な空白の期間ができる。

娘だけでなく娘の友だちも
留学すること・アメリカの大学への合格を目標にがんばりながらも、
高校卒業後、ギャップタームができることに「何をすればいいの?」と
不安やとまどいを感じていたと言います。

でも、せっかくのギャップタームです。
前もって計画を立てることで他の人とは違う過ごし方ができるし
自分の視野を広げたりギャップタームでしかできないことをすることができますよ。

ギャップタームの過ごし方

では、現在アメリカの大学に留学している日本人学生は
どんなギャップタームを過ごしたのか、ご紹介しますね。

日本の大学に通う

アメリカに留学している日本人学生の中には、
アメリカの大学への出願だけでなく日本の大学も受験した学生が多くいます。

いわゆる併願ということですが、
受験の時期としてはアメリカの大学への出願の後に日本の大学受験があるので
併願すること自体はできるんですね。

日本とアメリカでは受験のシステムが違うので、併願すると受験生の負担はとても大きくなります。
でも、留学の夢は捨てたくないし日本での大学生活にも魅力があるという場合は
日本の大学とアメリカの大学と両方受けてみて、
合格した後で進学先を決めることができるんですね。

アメリカの大学への進学を決めた後、
9月に留学先大学へ入学するまでの間のギャップタームに
日本で合格した大学に通ったという話はよく聞きますよ。

大学での勉強だけでなく、サークルやバイトも経験してみる!
アメリカの大学へ留学するまでの期間に
日本での大学生活を経験してみるのもいいのかもしれませんね。

もちろん日本の大学への入学金や前期納入金はかかりますよ!

アルバイトをする

アメリカでは留学生はアルバイトはできないので、
日本にいるギャップタームの間にアルバイトをして
少しでも貯金を増やしてから留学するという学生は本当に多いです!

実際に娘もカフェと動物園の売店のアルバイトを週6でやってました。
留学後のお小遣いや長期休みに予定している旅行代を
ギャップタームの間に貯めようと頑張っていましたよ。

ただ、高校卒業後にすぐアルバイトを始めるのは、ちょっと難しいかもしれません。
それは、3月31日までは卒業した高校に籍があるからなんです。

4月から始まるカフェのアルバイトに高校の卒業式の後(3月中)応募したけど、
「4月になってから応募してね」と断られたという娘の友達もいますよ。

もし、ギャップタームの間アルバイトをしたい時は
応募する時期のことも少し考えにいれておいた方がいいですね。

娘はアルバイトをしたカフェや売店で働くことの大変さを知り、
お客さんとのやり取りに仕事のやりがいを感じ、
一人の大人として扱われることの大変さなども経験できたと言ってましたよ。

短期留学をする

最近はセブやフィリピンでの語学留学もできるので、
数週間、英語だけの環境の中で過ごすのもいいと思います。

娘の友達は高校の卒業式の翌日に
セブ島での語学留学に出発していました。

アメリカの大学に留学するのだから、ある程度英語の実力はあるし自信もあるけれど
1日24時間を英語だけの環境で過ごしたことはなかったので
1か月の語学留学を選んだそうです。

インターナショナルの学校や英語で授業を受ける学校などに通っていたなら
英語に対する心配はないと思いますが、
地方のごくごく普通の高校生がアメリカに留学しようと思ったら
留学前に少しでも英語だけの環境で過ごす経験をしておきたいと思うのは
よくわかります。

語学学校の先生との普通の会話のやり取りが、すごく勉強になったそうですよ。

旅行をする

留学したら、しばらく日本を旅行することができなくなります。

それで、ギャップタームの間に思い切って日本中を旅行した人もいるし、
会っておきたい人を訪ねてあちこち旅行したという人もいます。
旅行して初めて日本の良さを知ることができて、良かったみたいです。

さいごに

高校を卒業してから留学するまでのギャップターム。

せっかくのギャップタームですから
やりたいことをやらないと後悔しますよね。

もちろん日本から遠く離れたアメリカに行ってしまったら
家族ともすぐには会えないので、
家族と一緒に過ごす時間も大切になってきます。

ギャップタームの過ごし方に正解はないのですから
目標をハッキリさせておけば
成長できる期間になると思いますよ。