韓国ドラマ

「黄金の私の人生」49話のネタバレ感想!ドギョンが会長に就任!

ヘソングループの会長にいきなり立候補したドギョン!

理事会の出席者全員がびっくりしていました。仲の良い友人でさえドギョンが突然立候補したので、どうなっているのか状況がつかめてない様子。

ドギョンが会長のポストに就任したら、ジアンとはどうなってしまうのか気になりますね。

ここでは「黄金の私の人生」49話のネタバレ感想をお伝えします。

「黄金の私の人生」49話のネタバレ感想!

ドギョンはいきなりヘソングループの会長に立候補することを決めましたが、それを支えたのはジアンの父でした。

ジアンの父は何時間もかけて、ドギョンの叔母が不正な事をしている証拠を集めたんです!

ジアンの父は長年事業をしてきた経験から、最後まで不安材料を少しでも減らしておく方がいいとわかっているんですね。

病気の体なのに、不審に思う事をそのまま放っておけなくて証拠集めをする父。

ドギョンはジアンが好きな人、そしてヘソン家はジスの実家ですから、自分にできる事は協力したいと父は思ったのでしょうね。

体がキツイのに途中で諦めずに情報を集める父を見ていると、人から頼りにされると人は勇気づけられて行動できるんだな~と思いました。

自分が集めた情報でヘソングループの危機を救う事ができるかもしれない。

それは、娘のジアンとジスの幸せにも繋がることですから。

無事に会長に選ばれたドギョンは、両親や祖父から会社の経営についていろいろ指示されて、ちょっとうんざりしている感じした。

ドギョンはきっと、自分なりの理想の会社経営をしたいのだと思います。

ドギョンは家族間での跡取り争いやもめごとに巻き込まれて、自分らしい人生を諦めていることに気づいていますから。

会社に関わるようになって、自分はいつも祖父の言う通りに動くだけだとわかったんですね。

ドギョンの両親もいつも祖父の意見が最優先で、夫婦で話し合って問題を解決することはありません。

そんな両親を見ていると自分の将来が見えてきますよね。

ドギョンの父も、夫婦での話し合いが持てない生活が今回ばかりは嫌になったみたいです。

 

一方ヒョクは、ジスが家族の悩みを全然話してくれないのが悔しいみたいですね。

悩みがあったらどんなことでも打ち明けてほしいヒョク。

お前にとって俺は何なの?

ヘソン家のことでヒョクのお店やカフェ、働いていたパン屋にまで迷惑がかかるのが怖いジス。

でも、いくら考えても答えが出てこない問題は、話せる相手がちゃんといるのだから、話を聞いてもたったらいいですよね。

ヒョクはジスの留学を留めた時から、ジスの悩みにもちゃんと向き合う覚悟ができたんでしょうね。

ジスとヒョクのカップルがこれからどうなっていくのか楽しみです!

「黄金の私の人生」49話 ドギョンが会長に就任!

ドギョンはヘソングループの会長に就任したけど、祖父の体調が回復するまでのピンチヒッターでいるつもりはないみたいですね。

祖父から会社経営についていろいろ指示されるけど、ドギョンには自分の理想の会社経営方針があります。

祖父の言う通りに動く駒でいたくはないですから。

そのためにも、理事会で決定されたことは受け入れるつもりですね。

今までの経営のやり方は創業者一族に力を集めすぎていたので、それが原因で家族間の問題が起こっていた。

ドギョンはソフトや違うやり方で会社を立て直すようですね。

 

こちらの記事もおすすめ!