韓国ドラマ

「黄金の私の人生」44話のネタバレ感想!幸せになるために諦める?

「黄金の私の人生」44話では、ドギョンとジアンが付きあうことにするのか気になります。

ジスとヒョクのように一緒の時間を過ごせるようになるといいのに・・・。

ここでは「黄金の私の人生」44話のネタバレ感想をお伝えします!

「黄金の私の人生」44話のネタバレ感想!

ドギョンの結婚に対する考えは、以前とは全然変わってきましたね。

ヘソン家にいた頃は、自分は親同士が決めた相手と結婚すればいいと思っていたドギョン。結婚相手がいつソウルに帰ってくるかを母から聞かされるほど、相手には関心を持ってなかったんですね。

相手が好きだから結婚するんじゃなくて、家のため会社を大ききくするための結婚だったから、相手の条件さえよければそれでよかったんでしょうね。

そんなドギョンがジアンに交際を申し込むなんて、ものすごい変化です!

俺たち付き合おう!結婚はしたくない。

自分と結婚したらジアンが自由に生きられなくて不幸になると思って「結婚はしない」と言ったと思います。

普通ならこんな風に男性に言われたら、遊びのつもりなの?と思ってしまうけど、

ジアンはドギョンにこんな風に言ってもらってすごく嬉しかったでしょうね♡

自分も他の人みたいに好きな人と一緒に歩きたいな~、一緒に食事したいな~、ドライブしたいな~。

ジアンも年頃の女性ですから、同世代の女性が彼と一緒にすることをうらやましく思っても不思議じゃないですよね。

でも、ジアンは「1週間だけ」という条件付きでOKしたんです。

お互い仕事があるから1週間なんてあっという間に過ぎてしまうのに、それ以上は長すぎるというジアン。

長く付き合ってしまうとドギョンの事を諦めきれなくなるからでしょうか。

1週間だけの恋愛って短いように感じるけど、ジアンとドギョンにとっては思い出になることがたくさんできました。

付き合える時間があと少ししかないと思うと、相手の姿や表情をしっかり目に焼き付けておこうとしますからね。

焼きもちを焼くのも大切な思い出になるから・・・。

それにしてもジアンは、ずっと自分の気持ちを押さえて我慢してたんだな~、ドギョンの付き合うのを諦めていたんだな~と思いました。

 

二人で映画を見て家まで送ってもらった後、

また明日ね

と言うのがとっても嬉しそうでしたから♡

いつ電話しても構わない関係・・・。

スケートの途中で他の人がジアンにぶつかりそうになった時も、ドギョンはさっとジアンが倒れないように受け止めて、ちゃんと彼氏らしく振る舞っていましたよ♪

以前、親の決めた結婚相手ソラとスケートに来た時とは全然違う態度で、ドギョンの気持ちの違いを表していますね♡

 

 

「黄金の私の人生」44話 幸せになるために諦める

「黄金の私の人生」はドラマのストーリーが進むにつれて、いろんなことを考えさせてくれます。

自分や家族が幸せになるためにどんなことを諦めるのか

「黄金の私の人生」44話では「何を諦めるか」が重要なポイントだと思います。

ヘソンの母は、やっと一緒に暮らするようになった娘を諦めきれずに、娘の考えを無視して強引な行動ばかり。裕福な家の娘らしく世間から羨ましがられる人生を作り上げようとするんですよね。

でも、それは娘が望んでいる幸せじゃない!

ヘソンの父は、娘に自分らしさを失って人生を生きてほしくないんです。父自身がそうだったから、人の指示通りに動くだけの人生がどんなに虚しいかわかっていますから。

その代わり、娘と一緒に住むことは諦めた父。

前回の43話で、父がジスに「家には戻ってこなくて大丈夫だから」と言ってジスを安心させる場面では、娘ジスは父の言葉にホッとした表情だったけど、それを見ていた父の表情は寂しそうでした。

ドギョンとジアンにしても、1週間だけの期限付きで付き合うことにしたけど、ふたりが一緒に人生を生きていくのは諦めているんですよね。

結婚すればかえって相手を不幸にしてしまうとわかったから。

ジアンの兄も子どもの事で妻と気持ちがすれ違ってばかりいます。

子どもは作らないと言うのが、結婚する時の条件の一つだったから。

子どもを諦めるか、妻との結婚生活を諦めて離婚するか、どちらを選んでもこれからの人生が辛いですよね。

ジアンの兄もどちらかを選ぶことになると思うけど、どちらも諦めない道があったらいいのにと思います。