韓国ドラマ

「黄金の私の人生」38話のネタバレ感想!一度くらい自分の思い通りに

黄金の私の人生38話

「黄金の私の人生」38話では、ジアンとドギョンがそれぞれの道をすすみそうです!

好きな気持ちは本当だけど、だからと言って自分を曲げてまで相手に合わせたくないジアン。

ジアンの父や妹ジスにも大きな転機が訪れそうですよ!

ここでは「黄金の私の人生」38話のネタバレ感想をお伝えします!

「黄金の私の人生」38話のネタバレ感想!

投資してくれる相手がようやく決まりそうなところで祖父に妨害されたけど、ドギョンは簡単に家に戻る気持ちはなれようですね。

誰かの駒になって動くより、自分のアイデアで起業するのは男のロマン・男の意地なんでしょうね。

そんなドギョンをジアンはさりげなく気にかけて、こっそり病気の看病をしたりお粥を作ったりするのが健気です。

ドギョンは自分の人生を進み始めたので、バイトでも何でもして生活費を稼ぐところからやり直しですが、会社時代の秘書が一緒にやってくれるので心強いでしょうね。

ジアンの父はずっと病気の事を隠していたけど、とうとう家族にも知られてしまします。どうして何も教えてくれなかったのかと家族は責めるけど、これまで父を気遣ってこなかったのは事実だし、父も誰からもわかってもらえなくてつらかったと思います。

家族のだれも父の言う事にみみをかさなかったし。どんな時でも家族の生活費を稼ごうときつい仕事でも引き受けていた父ですから、病気の事は神さまがくれたチャンスのように感じたかもしれないですね。この辛い人生を終わらせてくれる・・・。

妻と二人で話している場面は父の最後の言葉になりそうで、悲しいシーンでした。

一方で、ジスとヒョクとの仲は上手くいきそうでよかった♡

ジスは、ヒョクを諦めようとして弟に彼氏のふりを頼むけど、失敗してしまうんですね。ヒョクの目はごまかそうとして、かえってボロが出てしまいます。

この後のシーーンでのヒョクの台詞が印象的でした♡

お前の事好きなんだけど。

10年ぶりに会った初恋の人(ジアン)がいろいろ大変だから気にかかっていただけ。
友だちにときめいたりしない。

いつの頃からかジスが気になるようになって、ときめいていたんだ

正直に思いを伝えるヒョク。

ジアンの事も隠さずそのままを話してくれて、ジスはほっとしたような表情でした。票の言葉を聞いて安心できたんですよね。

ジスとヒョク、若い二人のやり取りは若者らしくてさわやかで微笑ましいですよ!

「黄金の私の人生」38話 一度くらい自分の思い通りに

ジアンの父は胃癌になったと思って、最期を一人で静かに迎えようとしています。

妻や子どもたちに病気の事を知られてしまった時は、父はもう気持ちの整理をつけていたみたいですね。

生まれてから一度だって自分の思い通りにしたことなんてないんだ。
死ぬときぐらい自分の思うとおりにしていいだろ。

父は自分の看護で家族に迷惑をかけたくなくて、残りの人生を田舎で一人で生きるつもりです。

これ以上家族に負担をかけたくなくて、自分の事はほっといてくれと言ってる父を、家族は誰もわかってあげられなくて、悲しいです。

家族だからわかる事もあるけど、家族だからこそわからない事もあるなと感じます。