韓国ドラマ

「黄金の私の人生」27の話ネタバレ感想!ジアンと木彫りの人形

「黄金の私の人生」27話では、木工工房で働き始めたジアンが、家族との関係を少しずつ取り戻していきます!

今はシェアハウスに住んで、家には戻らないジアン。早くわだかまりなく両親や兄妹に会えるようになったらいいのに・・・。

ここでは、「黄金の私の人生」27話のネタバレ感想をお届けします!

「黄金の私の人生」27話のネタバレ感想!

ジアンがソウルに戻って来たことを父に教えたドギョンに、ジアンは激怒!自分は父とはまだ会いたくないのに、勝手に自分の消息を話してしまったドギョンが許せなかったのでしょうね。

父の顔を見ると、父がヘソン家に行くなと止めてくれたのを振り切って家を出た自分の事を思い出してしまうから・・・。

そしてジアンは、ドギョンとも顔を合わせたくないと思っています。車の事故や会社での出来事・ウンソクでないとわかった後の出来事など、ドギョンはジアンのひどい姿を全部知っているから…。

ジアンは全てを忘れてやり直そうとしているのに、ドギョンに会ってしまうと追い詰められていた頃を思い出して苦しくなるみたいです。

工房で木材に囲まれて働くうちに、元気を取り戻してだんだん表情が明るくなっていくいくジアン。

細かいことをいちいち聞かずにジアンの事を見守ってくれるヒョクは、本当にいい人ですね。

以前は携帯電話は持たないと言っていたジアンが、新しい携帯電話を買ったのは、自分らしく生きようと思えるようになった証拠じゃないでしょうか。

携帯を買ったジアンは、最初に父の携帯に連絡。「元気にやっているから心配しないで」とメッセージを送ります。

でも、父はそのメッセージを見ても、すぐに携帯を閉じてしまって・・・。娘が自分に連絡をくれて嬉しくないはずないのに、父はもう家族から離れる覚悟をしているのかもしれません。

ジアンは弟の大学入試の結果が気になって、ジホにも連絡をします。ジアンの家族はもともとお互いの事をいつも気にかけて過ごしていたので、以前のように電話で連絡しあえるようになれてよかった!!

ジアンはジスの事も心配で、ちゃんとやっているかドギョンに聞いていました。ジホは姉ジスの様子をソヒョンから聞けたので安心できたようです。

ジアンが兄妹の事を気にかけ始めて連絡を取るようになったのは、きっと元の自分に戻りつつあるという事ですよね!!

「黄金の私の人生」27話 ジアンと木彫りの人形

ジアンが自分の好きな事・やりたいことを思い出したのは、木工工房とヒョクのおかげです。

彫刻が大好きだったことを10年ぶりに思い出して、木材に触れながら時間がたつのを忘れて作業するジアン。

昔ジアンが作った木彫りの家族人形を、こっそりドギョンが持ってきてくれて嬉しかったと思います!!

ヘソン家から何も持たずに追い出されたジアンは、木彫りの人形を捨てられてしまったと思っていたのではないでしょうか。

自分の手物に戻ってきた木彫りの人形。家族一人一人に似せて自分が作った人形ですから、絶対手放したくなかったと思います。

ドギョンはそのことをわかっていて、ジアンの住むシェアハウスまで届けてくれた。

ベットの横に一つ一つ人形を並べていると家族に見守られているようで、事件の後ジアンは初めて安心して熟睡できたみたいですよ!

木彫りの人形を部屋に置いて、家族の存在を近くに感じながら過ごすうちに、家族との関係も元にも取るといいですね。