韓国ドラマ

「黄金の私の人生」11話のあらすじとネタバレ感想!ドギョンの神業がすごい!

黄金の私の人生11話

契約社員として働いていたマーケティングティームに、今度は正社員として配属されたジアン!

あまりにも颯爽と部屋に入って来たジアンを見て、先輩社員はみんな驚気を隠せない様子でした。

先輩たちに改めて自己紹介をするジアンは、自信に満ちた表情で、これから社内でみんなに認められるような活躍をしそうな予感が♪

ヘソングループの社員になって、いよいよジアンがウンソクとして紹介されるまでのストーリが展開されますよ!

ここでは「黄金の私の人生」11話のあらすじとネタバレ感想をお伝えしますね!

「黄金の私の人生」11話のあらすじ

以前契約社員として働いていたジアンが、社員証をつけて入って来たので、マーケティング部のメンバーは驚きを隠せない様子。

契約社員の時に作った企画書が進行中だと知らせれたジアンは、企画が採用されたことを喜ぶものの、その企画を今担当しているのは元友人のハジョンでした。

ジアンのスーツやバックなど持ち物が全て高級品だと見抜いたハジョンは、これ前でのジアンとは違う雰囲気を感じ取ります。

ドギョンの母ミョンヒは、美術館で絵画を一緒に見ていた財閥夫人から、娘ウンソクに会わせてほしいと言われてしまいます。断り切れない状況になってしまった母は、ジアンに電話をかけて1時間以内に来るよう伝えます。

ドギョンが機転を利かせてジアンを手助けし、ジアンは無事に時間内に母のもとに到着できました。美術に詳しいジアンは、奥様方の前でいくらでも美術の話ができます。ジアンが財閥の奥様方から好感を持たれたことに、母は満足そうな表情を見せます。

無事に苦境を乗り切ったジアンでしたが、ドギョンと祝杯をあげる途中で幼い頃を思い出して・・・。

「黄金の私の人生」11話のネタバレ感想!

いよいよヘソングループの正社員になったジアン!!

以前契約社員で働いたマーケティング部に配属されて、嬉しそうでした♡この部署ではしばらくの間は「ソ・ジアン」と言う名前で働くことに。

ジアンは以前働いていた時も、契約社員は作らなくていい企画書まで作っていたし、マーケティングの仕事に意欲があるんですよね~。

自分が辞めた後、他の人の名前で自分の企画書を使われたことを怒りもしないで、むしろ自分の企画書が選ばれたことを喜ぶんですよ!ジアンって欲がないのかしら?

以前と違った雰囲気のジアンを見て、友人だったハジョンはジアンが何か隠しているのでは?と不審に思って尋ねますが、もちろんジアンはちゃんとした答えは言いません。

初出勤だから気を遣ったのよ~
と、うまい具合にはぐらかしました!

お金持ちのハジョンが自分を下に見ているとわかっているので、同じ土俵には立たないようにして。

いちいち詮索しようとする友人のかわし方が上手いな~と思いましたよ(^^♪

いずれにしてもこれからは同僚なんだから、毎日顔を合わせるし、気まずい思いでは一緒に働けないですからね!

 

それにしても、ジアンが持っているバックや着ているスーツ、そしてイヤリングまで、パッと見ただけでブランドものだとわかるところがすごいですよね~。

 

財閥家は、結婚問題も庶民とはかなり違っていて大変そうでした!!

財閥家の子どもたちは、結婚適齢期のずいぶん前から親同士が決めた相手がいるんですね(>_<)

自分が好きになった人と結婚できるわけではないみたいです・・・。

いつ頃結婚を約束した相手と会わせるか。
どんなストーリーを作って二人を引き合わせるか。

全部親が決めた通りに結婚が勧められるなんて、ちょっとかわいそうな気も・・・。

そういえば、ジアンがウンソクとしてヘソン家に行ったばかりの頃に、妹ソヒョンが乾坤相手の事を話すシーンがあったんですよね。

大学を卒業したら留学して、その後ニューヨークで結婚相手の財閥家の次男と出会うことになっている。

そんな風にソヒョンが話すシーンが以前あったんですけど、11話で財閥家の奥様同士が集まって話しているシーンを見て、どういう事なのかがわかりました。

全ては家を守るためでしょうけど・・・。誰かを好きだと思う感情を知らないままで、結婚しても大丈夫なのかしら?

財閥家同士の結婚はまるでビジネスのよう!

11話の後半、ジアンがドギョンに子どもの頃の夢は何だったかと聞く場面で、
子どもの頃の夢は「社長!会長!」だったとドギョンは答えました。

自分がヘソングループを引き継いでいく跡取り息子だから当たり前の事じゃないかと。

「お金持ちも大変なのね」と返事をするジアン。

決められたレールの上を進むしか選択肢がない財閥の跡取りと、自分が好きなことを突き詰めて考える自由がある普通の家の子ども。どちらが本当に幸せなんでしょうね~。

「黄金の私の人生」11話 ドギョンの神業がすごい!

ウンソクの母が財閥の奥様たちと美術鑑賞をしている時のこと。

行方不明だったウンソクが見つかったのなら、今日ここで会わせてほしいという奥様たちの強引な頼みを、母は断れきれなくなってしまいます。

倉庫整理をしている途中、母からの電話で、1時間のうちに美術館のVIPルームに来るように言われたジアン(ウンソク)。

ほこりまみれになっているのに1時間で美術館まで行くなんてとても無理!ジアンは窮地に立たされます。

でも、今のジアンは困った時はすぐに兄ドギョンを頼りますよ♡

ドギョンはジアンから母の電話の内容を聞いただけで、母が今誰といて、どういう困難な状況に置かれているかを察するのですから、本当に頼れる男ですね!!

ジアンが着替えるために準備したスーツもセンスがいいし、ピアスやバックも洗練された女性に似合うタイプを選んでしました(^^♪

妹を一番素敵に見せる物をパッと選んでやる頼れるお兄さん♡

ドギョンがジアンのために黒のスーツを選んだけど、母と一緒にいる財閥の奥様たちより控えめになるようにしたと思うし、何より母が着ている黒のワンピースとお揃いの色になるようにしたのかもしれませんね。

ドギョンが全部うまく段取りをつけたので、ジアンは無事にこの窮地を脱することができました。

洋服・靴・バック・ヘアメイク。ドギョンはすべてのセッティングをいつ指示したのでしょうね。神業に近いことですよ!

とにかく、約束の5分前にジアンがVIPルームに到着できるまでは、どきどきでした!!