韓国ドラマ

「黄金の私の人生」10話のあらすじとネタバレ感想!ドギョンとソヒョンの気持ちの温度差!

黄金の私の人生10話

元の家族との思い出が詰まった荷物を全部捨てられて悲しむジアン。気持ちのやり場がなくて塀を乗り越えてヘソン家から出ようとしたところを、ドギョンに見つかって、驚いて落ちてしまいました!!

ドギョンはいつも、危ない場面でグッドタイミングでジアンの前に現れますね~♡

塀を登ろうとして落ちてしまったジアンを、しっかり受け止めてくれるし!!

9話の最後のシーンは、これから二人の関係が動き出すのを予感させるものでした(^^♪

偶数回の10話では、いよいよ話が大きく展開しますよ。

ここでは、10話のあらすじとネタバレ感想、そして、ジアンに対するドギョンとソヒョンの気持ちの温度差についてお伝えします!

「黄金の私の人生」10話のあらすじ

ヘソングループ会長がハワイから帰国。家族全員で空港へ出迎えに行きますが、まだ、公式にヘソン家の娘が見つかったことを発表してないため、ウンソク(ジアン)は家で祖父である会長を迎えます。

会長はウンソクのことが世間の噂の種にされないよう、ヘソン家の娘が見つかったストーリーを考えます。それで、ウンソクはヘソングループの正社員として働くことに。

妹ソヒョンは、両親・兄、そして祖父までもがウンソク(ジアン)の事ばかりを気にかけるので、内心では姉の事が気に入りません。

ジアンは、母に荷物を全部捨てられて悲しんでいましたが、自分が作った大切な木彫りの人形をドギョンがコッソリ拾っておいてくれたと知って喜びます。

少しずつドギョンに心を開いていくジアン。

南大門市場でスリに大事なネックレスを取られた二人は、一緒にスリを追いかけるうちに、だんだん心の距離が縮まっていきました。

一方ソ家では、長男ジテが恋人と完全に別れることに・・・。

「黄金の私の人生」10話のネタバレ感想!

「黄金の私の人生」10話でも、ドギョンがジアンにさりげない気遣いを見せる場面がたくさんありました♡

ウンソクのいう名前で、ヘソン家の娘として生きていくんだと決心して両親の元に来たものの、元の家とは180度違う家風にジアンは適応できずにいるんですね。早く慣れなくちゃと思ってはいるけれど・・・。

そんなジアンをさりげなく助けるドギョンは、本当にいい人!

母がジアンの持ち物を全部捨てたのなら、もうあきらめるようにジアンに言います。

たとえ母がジアンに黙って荷物を捨てたとしても、
母がすることには全てそうするだけの理由があるのだから!

財閥の家では、庶民の生活とこんなにも違うのかな~と思ってしまいました。

全ては家を守るためなのでしょうね。ちょっとの気の緩みが、ヘソン家を世間のゴシップネタになってしまう事を心配しているんだと思います。

何しろ25年ぶりに娘が見つかった事を、いずれ世間に発表するわけですから!

行方不明の娘が見つかったのはいつか。
どんなきっかけで娘が見つかったのか。

マスコミはほんの小さなことでも、話を膨らませて世間に伝えるからと、
母は慎重になっているみたいですね。

その心配はもちろんウンソクへが傷つかない様にとの気遣いもあるけど、大部分はヘソン家全体がマスコミの餌食になるのを恐れての事

お金持ちも大変なんですね!!

ヘソングループ会長の祖父も、ウンソクを正社員として自分の会社に入社させて、ウンソクと家族の感動的な再会ストーリーを作ろうと考え中。

離れ離れだった家族が25年ぶりにやっと会えてよかった~!
では済まされないのだとわかって、ジアンはお金持ちの家は大変~と思ったでしょうね。

そんな中でも、ドギョンだけはジアンの気持ちを理解できるみたいなのでよかった~♡

木工好きのジアンが作った木彫り人形を、捨てられていた荷物の中から拾ってジアンに返してくれましたから!!

母には内緒でそんなことをしてくれるドギョン。ドギョンだって人形を拾ってジアンに返したことが母に知られたら、叱られるのに・・・。

これをきっかけにジアンの気持ちはだんだん素直になっていくんです(^^♪

 

ドギョンと話す時も、前のように変な誤解をせず、ドギョンの言葉の意味をそのまま受け取れるようになるし。ドギョンの言葉の意味を素直に聞けるようになると、ドギョンへの気持ちもどんどん変わっていきましたよ♡

南大門市場でスリに会った時も、ドギョンがくれたネックレスを取られたので、ジアンが大声で叫びながらスリを追いかけたことからも、それがわかります。

一緒にスリを追いかけて走っていたドギョンは、途中でスリを見失って走るのをやめて立ち止まったけど、ジアンは最後まで追いかけて行きましたから!!

兄さんがくれたプレゼントだから!!

スリを追いかける途中で、やっとドギョンを「兄さん!」と呼べたジアン。

ジアンは、素直に「兄さん」と言えたことが嬉しそうでした♪
そして、「兄さん」と呼ばれたドギョンもニコニコ顔になって、ふたりがやっとヘソン家の兄妹になれた瞬間ですね。

「黄金の私の人生」10話 ジアンに対するドギョンとソヒョンの気持ちの温度差!

ジアンがウンソクとしてヘソン家に来て以来、ドギョンもソヒョンも落ち着かないようでした。

長男のドギョンは、幼い頃にウンソクと一緒に遊んだかすかな記憶は残っているものの、あまりにも前の事なのではっきり覚えてないし、両親ほどウンソクを懐かしく思う気持ちは持てません。

でも、ウンソク(ジアン)の事を陰で見守るうちに、ジアンが言う事にはジアンなりの正直な気持ちが表れていると気づいて、ジアンを妹として認めることにします。

南大門市場で一緒にスリを追いかけた時のジアンを見て、ますますジアンの事が気に入った様子!

「(スリに取られたネックレスは)兄さんがくれたプレゼントだから!」

「兄さんだから兄さんと呼んだのよ~」

こんな風に言われたら、誰だってグッときちゃいますよね♡

ヘソン家に来たばかりの頃は、
「兄さんと呼んでいいからと言われて、兄さんと呼ばなきゃいけないの?」と反発していたジアン・・・。

その時に比べて、ジアンとドギョンの心の距離はぐっと近くなったようです!

まるでジアンの前の家族のように、ジアンとドギョンは気兼ねなく話せる存在になったようで良かった~♪

もう一つドギョンとジアンが兄妹になれた素敵な場面があります♡

荷物を捨てられたジアンをなく冷めるために、ドギョンがジアンを外に連れ出した時。
コンビニ前の椅子に座って飲みながら、

理由が何であれ、妹が落ち込んでいるのを見るのは嫌なんだ!

と、ドギョンがジアンに言うんです。

これって、ジアンが妹ジスを思う気持ちと同じですよね!!
ジアンもジスが失恋して泣いているのを放っておけず、スケジュールを無視してジスの元に駆け付けたことがあるし。

自分が妹を思うように、ドギョンが自分の事を思ってくれているとわかって、ジアンはものすごく嬉しかったでしょうね~~(^^♪

 

一方ヘソン家の妹ソヒョンは、いつまでもジアンに心を開けないようです。

ソヒョンにしてみれば、今までヘソン家の長女として扱われて周りからも注目されてたのに、ジアンがウンソク(ジアン)が家に来てからは、自分の事を気遣てくれる人がいなくなったと思っている様子。

ヘソン家では全て両親のいう通りにしていればいい。

そう思っているソヒョンは、姉ウンソクが正社員として会社に勤めることになっても、ぜんぜん関心がありません。

ヘソン家の娘がヘソングループに入社するのは当たり前でしょ!
特別喜ばしい事なの?

正社員になれることを喜んでいる姉ウンソクに対して、そんな風にしか言葉をかけないソヒョン。もしかすると、ウンソク(ジアン)の事を姉と認めたくないのかもしれないですね。