韓国ドラマ

「黄金の私の人生」4話のあらすじとネタバレ感想!ドギョンの性格は?

黄金の私の人生4話

「黄金の私の人生」3話では、ジアンが、自分の本当の両親はヘソングループの副社長夫婦だと知らされる衝撃的な場面で終わりました!

自分が母の子どもじゃないなんて、そんなこと今まで一度だって思いもしなかったジアン。

ジアンは、てっきりお見合いの席だと思って母についてきたのですから、母が突然何を話し出したのか理解できなくて呆然としていました。自分が今何のためにこの場にいるのか理解できないジアンの表情。見ているだけで胸がギュッと締め付けられるようでした!!

ジアンは本当の両親の元に帰るのことになるのでしょうか?

ここでは、「黄金の私の人生」4話のあらすじとネタバレ感想、そして、話が進むにつれてだんだんわかってきたドギョンの性格についてお伝えします!

「黄金の私の人生」4話のあらすじ

母親に連れていかれた食事の席で、目の前に座っているヘソングループ副社長夫婦を「お前の本当のご両親だよ」と母から紹介され戸惑うジアン。

母が何の話をしているのか状況がぜんぜん把握できないジアンを置いて、ジアンの母は席を立って部屋から出ていきます。ジアンも立ち上がり、副社長夫婦(ドギョンの両親)に失礼を詫びて急いで母の後を追いますが、母の姿はどこにも見つかりません。

仕事を辞めさせられたジアンは、デパートの売り場でアルバイトを始めますが、デパートの上得意客の機嫌を損ねてしまい、やっとみつかった仕事をクビになってしまいます。

車の修理費と友人への慰謝料をどうやって工面すればよいか途方に暮れて歩くジアンの前に、ドギョンが現れます。ドギョンは、ジアンに日当を払わずにイベント会場に置いて帰ったことを謝りに来たのですが、ジアンは修理費を取り立てに来たと勘違い!!

話せば話すほどジアンとドギョンは言い争いになってしまって・・・。

とうとうジアンは、修理費を全額返すようにとドギョンに言われてしまうのでした。

「黄金の私の人生」4話のネタバレ感想!

「黄金の私の人生」4話では、自分の両親が実は本当の親じゃないと知らされたジアンが、本当の両親のもとに行くのか、今の家族とはどうなるのか、見ていてハラハラする展開になりました!

今の家族は偽物で、目の前にに座っている裕福そうな夫婦が本当の両親だなんて!
いきなりそんなことを聞かされたって、誰だって信じられないですよね。本当の両親がお金持ちだとしても、それをすぐには喜べないと思います。

だって、これまでずっと今の両親や兄弟と暮らしてきたんだし、家族に対する思いは簡単にお金に変えられませんから!!

本当の親がいるってどういう事?
今までずっと一緒に暮らしてきた家族は何だったの?
このまま今の家で家族と暮らしちゃいけないの?

現実を理解できなくて、母と言い争いをしてしまうジアン。自分のこれまでの人生がいきなり変わってしまうのですから、怖くなっても当然ですよね。

いくらお金持ちの家の娘になれるとは言っても、それが何だっていうの?
幼い頃からずっと一緒にいた今の家族との思い出がいっぱいあるのに!!!

ジアンの言葉の裏にはたくさんの思いが詰まっているように思われて、ジアンと母が言い合ってる場面では涙が出てきちゃいました(>_<)

一方母は、ジアンが大学に通うために奨学金を借りた上にずっとアルバイトをして苦労続きだったことを知っていますから、実の両親(副社長夫婦)の元でお金の心配をせずに楽に暮らすようジアンを説得します。

親は皆、子どもに十分な暮らしをさせてやりたいと思うものだけど・・・。
本当の親のもとに行かせるのが、ジアンにっとって本当の幸せになるの?
そう感じずにはいられない場面でした。

ジアンの父親が事業に失敗してからは、子どもたちにお金の苦労をさせてばかりだったので、ジアンの母はずっとそのことで胸を痛めていたのでしょうね。

何としてでもヘソングループ副社長の娘に戻るようにと、ジアンを説得する母の姿は見ていて悲しく思われました。

また、4話では、ジアン家の事情がいろいろと描かれて、ジアンやジアンの兄弟の行動や言葉の裏にある気持ちなどもだんだん理解できるようになってきました♪

こんな時でもジアンは前向き!
デパートのでアルバイト店員をして働き始めますが、ここでもお金持ちのお得意客とのトラブルですぐにクビになってしまいます。

ジアンは、お金持ちがいう事ならどんなに理不尽であっても聞き入れるしかないのかと、思ったでしょうね。やっと見つけた職場だったのに、お金持ちの奥様に誤解されて・・・。

「あの店員をやめさせるように」と言われたら、誰も自分の事を守てくれないし、かばってくれる人はいないんだとジアンは痛感したはず。貧しい自分の境遇が嫌になったかもしれませんね。

クビになってしまった直後に、ジアンは自分を待ち伏せしていたドギョンに出会ったのですから、ジアンとドギョンの話し合いは上手くいくはずありません!

お互いが相手の言葉を素直に受け取らずに話すので、ちゃんとした会話になるはずもなく・・。

「(タクシー代を)カードで払えばよかったのに!」と言うドギョン。
「カードなんて持ってないわよ!」と言うジアン。

この場面でも、ドギョン(金持ち)とジアン(庶民)の物事のとらえ方の違い、当たり前と思っていることがお互いにかけ離れている事を強く印象付けていました!

「黄金の私の人生」4話 ドギョンの性格は?

「黄金の私の人生」4話では、ドギョンの性格についても、だんだんわかってきましたよ♡

ドギョンはヘソングループの後継者として裕福な家庭で育ったので、世間の事には疎いみたいですね。

イベント会場に置き去りにしたことをジアンに謝りたくて、ジアンの携帯に連絡しますが、ジアンが電話に出てくれないので何度も何度もかけてしまいます。

連絡しすぎてしまって、「相手が不審に思わないだろうか?」なんて自分の秘書に尋ねてしまうほど!周りから自分がどう思われるか、いつも気になるようですね。

ドギョンは世間の事には疎いのか、ジアンがどうして電話に出ないのか全然わかってない様子。

それに、ドギョンは争いごとが好きじゃないようですね。

追突事故の処理やイベント会場で臨時的に働いてもらった日当をジアンに支払うだけなら、秘書がやっても済む仕事です。だけど、ドギョンは自分が出向いて問題を処理しようとします。

自分の配慮が足りなかったところはちゃんと相手に謝らないと、気が済まないのだと思います。マスコミや世間の目を気にしているのかもしれないけど・・・。

そこまでしなくても事務的に処理していいことを、ドギョンは自分でしようとしますね!

財閥の御曹司に似合わない行動が多いのが、ドギョンの魅力です!!

もっとも、ドギョンはその性格が裏目に出で、ジアンに謝罪するはずだったのに
「車の修理費を全額返してくれ。そうでなければ受け取らない!」
とジアンに言ってしまいます・・・。

人と争わないはずが、事を大きくしてしまうドギョン。
ドギョンの性格のアンバランスなところが憎めなくて、はまってしまう人が多いかもしれませんね♡