大学選び

アメリカの大学に返済不要の奨学金をもらいながら留学するには?

アメリカの大学への留学を考え始めると、最大の難関は学費の高さだと思います。
日本の大学でかかる学費と比べると、
年間60000ドルとも言われるアメリカの大学の学費は、本当にハードルが高いです!
卒業するまでに4年間かかることを考えると、学費のために留学をためらってしまいますよね。

でも、アメリカでは多くの学生が何かしらの奨学金をもらいながら大学に通っていますし
日本人留学生でも奨学金を得られるチャンスがあるんです!

実際に、私の娘も返済不要の奨学金を得ることができたので
アメリカの大学へ留学させることができたんですよ。

この記事では、留学生でも得られるアメリカの大学の返済不要の奨学金について
ご紹介しますね。

アメリカ大学の返済不要の奨学金

アメリカ大学の奨学金の種類

アメリカでは大学教育について、
学費のせいで適切な教育機会を失ってはならないという考え方があると言います。

大学に通う学生の学費負担を軽減するために、いろいろな制度があるんですね。

アメリカの大学には学生への経済支援として

  • 返済が必要な学生ローン
  • キャンパス内で働いて経済的支援をもらうワークスタディ
  • 返済不要の奨学金(スカラーシップ)

などがあります。

学費全額を支払って子どもを大学に通わせることができるのは本当に裕福なご家庭。
多くの学生は奨学金をもらいながら大学に通っているんですよ。

アメリカ国内の学生は大学への出願時に奨学金の申請をして、
いろいろな種類の奨学金を組み合わせた支援を得ることができます。

返済不要の奨学金とは?

アメリカの大学が日本の大学とは大きく違うのは、返済不要の奨学金があることです。

最近は日本でも返済不要の奨学金を出してくれる私立大学が増えてきましたが、
奨学金を出してもらえる対象人数はごくわずかですよね。

アメリカの大学の返済不要の奨学金(スカラーシップ)には

  • ニーズ・ベース(学生の経済的な必要性に応じた奨学金)
  • メリット・ベース(学生の能力に基づいた奨学金)

があります。

ニーズ・ベースの奨学金は
家族の収入だけでは学費全額を支払うための資金が足りない場合に申請するもので、
学生の家庭がどれくらいの経済的援助を必要としているのかを大学側が判断して
奨学金の金額が決められます。

もちろん、ニーズ・ベースの奨学金で経済的な不足を全てカバーできるわけではありませんが、
大学進学の大きな助けになりますよね。

メリット・ベースの奨学金は
大学側が出願者の個性や人間性・能力を出願書類(エッセイや推薦状他)から判断して
奨学金を出すものです。

この学生にぜひうちの大学に来て欲しい!と思ってもらえたら、
そして、メリット・ベースの奨学金のオファーが来たら
なんて素敵でしょう!

留学生も対象になる返済不要の奨学金

留学生も返済不要の奨学金がもらえるの?

アメリカの大学の返済不要の奨学金は、
家庭の経済状況や生徒の能力に応じて大学から出してもらえるものですが、
留学生にも奨学金を出しているのは私立大学が多いです。

州立大学はその州の税金で運営されているので、州内に住んでいる人に対する学費は安いし
奨学金もあります。
ただし、留学生の場合は州外の学生と同様に学費が高くなりますし
奨学金も出ないので注意してくださいね。

留学生がもらえる可能性があるのは
私立大学のニーズ・ベースの奨学金とメリット・ベースの奨学金で、
どちらも返済は不要の奨学金です。

留学生に対する奨学金は大学によって違うので、
大学のホームページやカレッジボードで調べてみるといいですね。

大学のホームページには、Apply(出願)のページとは別に
Fainancial Aid(奨学金)というページがあるので、
奨学金に関する事はそこを見てくださいね。

留学生についてはInternational Studentと書かれたページがあるので
そこに留学生対象の奨学金について記載がある場合もあります。

大学のホームページを読む時に注意して欲しいことが1つだけあって、
Fainancial Aid(奨学金)のページにいろいろな奨学金について書かれていても
他のページもよく読んでみて欲しいんです。

念入りに他のページも開いてみたら、International Studentのページに
留学生には奨学金を出していないと書かれている大学もありましたよ。

大学によって奨学金にはいろいろな違いがあるので、
気になっている大学があるならどんどん調べてみて
留学生も利用できる奨学金を探してみましょう!

返済不要の奨学金(ニーズ・ベース)の申請について

大学への出願時に多く利用することになるコモンアプリケーションの中に
奨学金(ニーズ・ベース)を申請するかどうかを選択する項目があるので、
出願と同時に奨学金申請の意思を大学に伝えます。

留学生の場合、奨学金を申請すると合格が難しくなるとも言われますが、
出願時に奨学金の申請をしなかったら、合格した後では絶対に申請できないので、
もし奨学金が必要なら申請する方がよいと思います。

奨学金(ニーズ・ベース)を申請する時に提出する書類には

  • FAFSA
  • CSS Profile

があります。

FAFSAは市民権を持っている学生が提出する書類ですが、留学生にも提出を求める大学があります。
確定申告や源泉徴収票に記載されている金額をドルに直して作成します。
提出期限は出願書類とは違うこともあるので、よく確認しましょう。

CSS Profileはカレッジボードから作成して出願する大学に送付することができます。
カレッジボードはコモンアプリケーションで出願するためのアカウントを作るので
ほとんどの留学生は使うと思います。

CSS Profileの申請料が25ドル、大学への送付料が1校当たり16ドルかかります。
(2019年出願時)

我が家でもCSS Profileを作成して奨学金の申請をしましたが、
世帯収入だけでなく毎月払っている授業料・電気代金や娯楽費他
いろいろな項目の金額について記入するんですね。

家計簿や公共料金の請求書・預金通帳の口座振替の記録なども用意して
下書き用の一覧表を作って、各項目にまず日本円で書いてみて、
それをドルに直してからCSS Profileのフォームに入力したので
とても時間がかかりました。

でも、ニーズ・ベースの奨学金を申請しなかったら
奨学生をもらえる機会がなくなるし、
奨学金をもらえなければ、もし合格できたとしても娘を留学させることはできないので
頑張って申請書を作りましたよ!

返済不要の奨学金(メリット・ベース)の申請について

メリット・ベースの奨学金は、大学側が入学してほしいと思う学生に対して提供するもので、
出願者が全員対象になりますよ。

学力やリーダーシップ・芸術やスポーツの才能等
学生の能力を評価してもらえるので
留学生もチャンスがあります。

支給される奨学金の額は
1千ドルから学費全額が免除されるものまでいろいろ。
大学によっても違いがあります。

アメリカの大学は入学試験の点数で合否が決まるのではありません。
提出された出願書類を様々な角度から見てくれて、
出願者の成績や学力だけでなく、
個性・人間性・可能性・大学に入ってからの貢献度なども
見いだそうとするそうですよ。

大学は学生の多様性を求めているので、
留学生でも自分の魅力をしっかりとアピールすることで
メリット・ベースの奨学金を得られることにも
つながると思います。

日本人にとっては(多分)不慣れな自己アピール。
アメリカ留学の夢を実現させるには、
自己アピールってとっても重要ですよ!!

娘のもらっている奨学金もメリット・ベースの奨学金です。

まとめ

アメリカでは多くの学生が何かしらの奨学金をもらいながら大学に通っていて、
留学生でも返済不要の奨学金をもらえる可能性があります。

必要な書類を作成してニード・ベースの奨学金を申請する方法や、
メリット・ベースの奨学金をもらえるように
自分の持つ能力や魅力・個性を出願書類で最大限にアピールする方法など、
チャレンジしてみる価値はありますね!

気になる大学があったら、大学のホームページで最新の情報を探してみましょう!