大学選び

アメリカ留学のための最新情報が得られる2つの方法!

アメリカの大学に留学する夢に向かって進むなら
情報をいかに早く正確に集めるかが大事!!

では、どうすればアメリカの大学入試(出願)情報が手に入るのでしょう?
留学エージェントや留学に詳しい塾から教えてもらうこともできますが、
地方に住んでいるとそれすら難しいですよね。

日本に住みながら、そして、東京ではなく地方に住んでいても
アメリカの大学入試情報を知るためには、どうすればいいのでしょう?

最新のアメリカの大学入試情報を得る方法。
それは、EducationUSA志望大学のホームページを見ることなんです!

この記事では、アメリカの大学に留学するための最新情報を得られる
2つの方法についてご紹介しますね。

EducationUSAとは?

EducationUSAって何だろう?

EducationUSAというのは、米国国務省・教育文化局(ECA)の支援を受けて
アメリカ留学に関する情報やアドバイスを提供してるサイトです。
大学入試(出願)情報だけでなく、留学先の探し方や手続き・奨学金についてなどの情報も
知ることができますよ。

留学手続きについても動画でわかりやすく解説してあって
我が家でも娘の留学手続きをする時には、何度も見て助けられました。
手続きでミスがあったら大変ですからね。

それに、留学経験者のインタビュー動画もあるので、
娘は留学の夢を膨らませながら見ていましたよ。
とにかく、アメリカに留学を考えるなら
EducationUSAからの情報は絶対に欠かせませんね。

アメリカの大学情報が得られるアメリカ留学EXPO

アメリカ大使館主催で毎年1回「アメリカ留学EXPO」が開催されていて、
EducationUSAをみれば、その日程がわかります。

アメリカ留学EXPOでは、アメリカからたくさんの大学が参加していて
大学担当者から直接大学の話を聞くことができるんです。
日本語を話せるスタッフもいるので、言葉の心配もありませんよ。

留学を希望する高校生だけでなく保護者の参加ももちろんOK!
昨年、私も娘と一緒にアメリカ留学EXPOに参加しましたが、
参加大学の多さにはビックリしました。

留学に必要なテストのことや留学奨学金についてなど
セミナーがいくつか開催されるし、
大学の各ブースで話を聞いた後でパンフレットをもらったり
卒業生からも体験談を聞けたりして
本当に参加してよかったと思っています。

アメリカ留学EXPOに参加するためには、事前申し込みが必要なので
参加してみたいなと思ったら、EducationUSAで開催情報をチェックすることをお勧めします!

大学のホームページで最新情報を見つけるには?

大学のホームページを見てみよう

留学したい大学がいくつか絞れたら
実際にその大学のホームページを調べてみましょう!

日本の大学でもそうですが、
どんな専攻があるのか
出願の締め切りはいつか
どのような受験方法があるのか
学費はどのくらいかかるのかなど
詳しい情報を知るために、まず大学のホームページを見ますよね。
前年までの入試とは変更された点があるかもしれないし。

それと同じで、アメリカ留学の場合も
まず志望大学のホームページをチェックすることが大事です。

大学のホームページからの情報の見つけ方

では、大学のホームページからどうやって知りたい情報を見つけるのかを
ご紹介しますね。

まずはじめに見てほしいのは
Admissionsという項目です。
そこにはAdmission Policy(大学の入学者受け入れ方針)が書かれていて、
大学の教育理念やどのような学生を求めているかがわかります。

次に、International とか International Admissionなどの項目を
必ずみましょう。
留学生の場合TOEFLのスコアが必要になるので、
出願に必要なスコアを忘れずにチェックします。

出願にはどんな書類が必要なのか、提出締め切り日はいつか、
どのような出願方法をとればよいのかなどを詳しく知るには
Applyと書かれた項目を見ます。
大学ごとに違うので一覧表を作っておくといいですね。

奨学金や学費援助を受けるための申請方法については
Financial AIdという項目、
寮生活やクラブ活動・食堂など日々の学生生活については
Student Lifeに書かれています。

アメリカの大学なのでホームページはもちろん英語で書かれていますが
辞書やグーグル翻訳を使いながら調べるうちにだんだん慣れてくるので、
大学のホームページをどんどん見てみるといいですよ!

まとめ

アメリカ留学の最新情報を得るためには
とにかく自分の力で知りたい情報に近づいていくしかありません。

でも、調べ方がわかってくるとハードルが低くなったように感じませんか?

留学を希望するお子さんと一緒に、ぜひ調べてみましょう!