クリスマス

海の中道キャンドルナイト2019の時間や花火・駐車場混雑状況など徹底調査!

福岡市の海の中道海浜公園で12月21日からクリスマスキャンドルナイトが開催されます!

海の中道公園の冬の恒例イベントになっているキャンドルナイトでは、公園内が1万本のキャンドルで飾られてとても感動的なんですよ!
キャンドルナイトは夜間のイベントなので、始まる時間や花火が打ち上げられる時間なども気になるところ。
また、駐車場が混雑しないかということも心配ですよね~。

そこで、ここでは海の中道キャンドルナイトの開催時間や花火の打ち上げ時間や場所・駐車場の混雑状況などをお伝えします。

おでかけの参考になさってくださいね!

海の中道キャンドルナイト2019の日程詳細!ワークショップは当日参加OK!


海の中道クリスマスキャンドルナイト2019は、クリスマス前から当日までの4日間開催されます!

  • 日時:2019年12月21日(土)・22日(日)・24日(火)・25日(水)
    ※12月23日は行われないので注意!
  • 開催時間:17時30分~21時(最終入園時間:20:30)
  • 花火の打ち上げ:19時30分から約3分間
  • 会場:野外劇場・ワンダーワールドエリア
  • 入園料:大人(15才以上)450円・中学生以下 無料
  • 雨天の場合は中止

キャンドルナイトの終了時間は午後9時!
昨年の終了時間より30分短くなっているので、毎年行っている方は注意してくださいね。

(出典:キャンドルナイト2018会場マップ・海の中道海浜公園HP)

キャンドルナイトの一番の目玉は、海の中道海浜公園内にキャンドル1万本を並べて描かれる地上絵!2019年は「海のクリスマス」をテーマにした絵が描かれます。今年はどんな絵になるのか楽しみです!

キャンドルを並べて作った地上絵全体を見たい時は、子どもの砦と呼ばれる展望台に上るのがおススメ!

キャンドルが飾られた場所から少し離れますが、展望台から見渡す景色にはきっと感動すると思います♡

また、キャンドルの地上絵がある野外劇場の近くではクリスマスワークショップも行われます!

2018年は、キャンドル作り・サンドアート・スノードーム作りなどが行われていました。参加費が少し必要ですが、令和元年のクリスマスに作った物はいつまでも思い出に残ると思いますよ~♪

キャンドルにメッセージを書くコーナーも作ってあので、大切な人へのメッセージを書いて灯りをともすのもクリスマスの素敵な思い出になりそうですね♡

冬に海の中道公園に行くと海からの風でとても寒いので、しっかり防寒対策をして出かけでくださいね。
キッチンカーや休憩カフェコーナーもあるので、寒くなってきたら温かい飲み物を買うこともできます。

海の中道キャンドルナイト2019の花火の時間は?


冬の花火は、クリスマスキャンドルナイトの期間中毎晩打ち上げられます!
花火の打ち上げは、19時30分から約3分間

海沿いの方で花火があがるので、キャンドルのある野外劇場の方からでもしっかり花火を見ることができます。

花火が打ち上げられる時間は3分間なので、夏の花火大会に比べたらほんの一瞬のように思えます。
でも、冬の花火は夏の花火よりも美しさが増して感じられていいものですよ。

公園の中ではキャンドルの灯りが揺れて、暗い夜空には300発の花火が色鮮やかに開いて。
両方の美しさをしっかり目に焼き付けようと思ったら、瞬きするのがもったいないほど!

海の中道キャンドルナイト2019駐車場の混雑と帰りの渋滞情報!

駐車場の混雑具合

(出典:海の中道海浜公園HP)

キャンドルナイトの会場になる野外劇場に行くには、次の2つの駐車場が近いです。

  • ワンダーワールド口駐車場 
  • 海の中道駅口駐車場

他にも少し離れますが、西駐車場もあります。

駐車料金は530円(普通車)。

駐車場は広いのでイベント時でも十分車を停めることはできますが、時間帯によっては駐車場の中に入るまで時間がかかることも!

10月20日の公園無料開放の日の駐車場の様子を見ても、駐車場の入り口に車の長い列ができています。

公園の無料開放の日は自転車を借りる人が多いので、貸し出し場所に近い西駐車場の方が混雑したようです。

キャンドルナイトの時は会場に近い駐車場から埋まって行くと思うので、少し離れている西駐車場の方が車を停めやすいかもしれませんね。

西駐車場に近い西口(公園入口)からキャンドルナイトの会場・野外劇場までは約1㎞。歩いていくこともできますが、西口から海の中道駅口までシャトルバスが運行されるので、それを利用すると会場まで早く行くことができますよ。

帰りの渋滞はどこまで?

海の中道の手前は海の上に続く一本道。
なので、イベント時の帰りにはいつも雁ノ巣レクリエーションセンター前交差点まで渋滞します。

30分ぐらい車が動かないこともあるのほど。

雁ノ巣を越えてしまえばそれまでの渋滞が嘘のように車が動き始めます。

道路が渋滞するのも困りますが、駐車場から道路まで出るまでに結構時間がかかります。
イベント時はだいたい同じ時間に車を出す人が多いので、駐車場を出るまでに10分ぐらいかかることも。

帰りの時間を少し早めにするなどして他の人とずらすと、スムーズに駐車場から出られると思いますよ。

海の中道キャンドルナイトへのアクセス方法!

海の中道海浜公園

海の中道海浜公園に行く方法には、車・バス・電車・船(市営渡船他)などがあります。

詳しくはこちらをご覧ください。
海の中道海浜公園までのアクセス

電車や船を利用すると、渋滞などを気にせずに行くことができます。それに、到着する時間がはっきりしているので助かります。

船を使えば、マリゾン(ももち)から出る「うみなか高速船」なら20分、ベイサイドプレイス(博多ふ頭)から出る「市営渡船」なら15分で海の中道まで行くことができますよ。

もし帰りも船を利用するなら、最終便の時間が早いので船が出る時間を確認しておくといいですね。

帰りにバスを利用する時は、車で帰る場合と同様に渋滞になって30分ぐらいは到着が遅れる恐れがあるので気を付けてください。

バイクで行く方は駐車場の空きや渋滞に巻き込まれる心配はないですが、午後9時以降は海の中道海浜公園周辺で通行規制が行われるので注意してくださいね。

さいごに

海の中道海浜公園で行われるクリスマスの時期恒例のキャンドルナイト。

広い公園内に灯されたたくさんのキャンドルの灯りを見ていると心が温かくなります。キャンドルの周りに書かれたメッセージを読んでみるのも心が和んでいいものです。

キャンドルナイトのもう一つのイベント・冬の花火も見逃せません!冬の空は空気が澄んでいて、空に高くにあがる花火がとてもきれいに見えるので是非一度見て欲しいです!

海の中道は海沿いにある公園なので海風が強いので、しっかりと防寒対策をしてお出かけくださいね!

こちらの記事もおすすめ!