美容・健康・ダイエット

【あさイチ】夏のガサガサかかとを綺麗にするための簡単なかかとケア方法!

サンダルを履く季節になって、女性にとって他の何より気になるのは「かかと」。

かわいいデザインのサンダルを履きたいのに、
かかとのガサガサが気になって履くのをためらってしまう事ってありませんか?

夏なのに、かかとがガサガサになるなんて、
女性にとっては大問題ですよね。

NHKのTV番組・「あさイチ」でガサガサかかとをすべすべにする
かかとうるおいケアが紹介されたので

ガサガサかかとを綺麗にするためのケア方法についてお伝えしますね!

夏のガサガサかかとを綺麗にするための簡単なケア方法


NHKのTV番組「あさイチ」では、皮膚科医の高山かおる先生
ガサガサかかとをケアする方法を紹介してくれました。

誰でも毎日手軽にできるケア方法だったので、これからご紹介しますね。

ガサガサになったかかとの角質を削って綺麗に!

ガサガサになってしまったかかとを綺麗にするためには、
まず、硬くなってしまったかかとの角質を削って取り除きます。

かかとを削るときのポイントは次の通りです。

  • かかとを削るのは、入浴前がおススメ
  • かかと専用のやすりを使う。
  • 足の側面から底に向けて同じ方向にやすりで削る。
  • かかとの角質を削るのは週一回でOK。
  • 入浴後にかかとにたっぷりクリームを塗って保湿する。

かかとを削るのは入浴前がおススメとのことでした。

入浴後は皮膚が柔らかくなっていて、かかとを削り過ぎてしまう事もあるので、避けた方が良いそうです。

また、円を描くように削ったり、やすりを往復させるようにするのも削り過ぎを招いてしまうとか。

私は、がさがさになったかかとの角質を早く取り除きたくて
やすりでついゴシゴシとかかとをこすっていましたが、
全く逆のケアをしていたんですね・・・。

いったんかかとが綺麗になったように見えても
すぐにまたかかとが硬くなっていたのは、
削り過ぎのせいだったのかもしれません。

かかとの角質を削るやすりのおススメは?

「あさイチ」で、高山先生が紹介していたのはガラス製のやすり

目がとても細かいので、
削り過ぎの心配がなくおススメ
とのことでしたよ。

夏のガサガサかかとの原因は?冷房が乾燥を招く!

夏でもかかとがガサガサになるのはなぜでしょう?

夏は暑くて汗ばむので乾燥とは関係ないと思いがちですよね。
でも、実際は違うんです。

実は、

湿度が高い夏だからこそガサガサかかとになってしまうそうなんです!!

え?逆なの?
夏だから乾燥するってどういうこと?

番組を見ながら、ビックリしてつい慌ててしまいましたが、
皮膚科医の高山かおる先生のお話を聞いて納得しました!

夏は冷房などで体が冷えていて、かかとから汗が出にくくなってしまう。

そのため、肌(かかと)の潤いが失われてしまいがちになる。

確かに最近の夏は暑すぎて、一日中冷房を入れた部屋で過ごすことが多いですよね。

「冷房」とそれによる「乾燥」が、ガサガサかかとの原因になっているとは!

夏だからこそしっかりと保湿ケアをすることが必要になるそうですよ!

かかとのお手入れって、体の中でもつい後回しにしてしまいがち。

でも、こまめに保湿してケアしないと、
毎日の積み重ねがガサガサかかとを作ってしまうんですね。

顔や手のお手入れと同じように
かかとにも少し時間を割いてケアする
とすべすべかかとになれそうです。

夏のガサガサかかとがすべすべに!潤いを保つケア方法!

toraemonさんによる写真ACからの写真

ガサガサになったかかとの角質を取り除いたら、クリームを塗って保湿するのが第一!

高山先生のお話では、
保湿クリームを塗る量は、
片方のかかとで
人差し指の関節ひとつ分が目安とのこと!

すいぶんクリームの量が多いように感じますよね。

そして、クリームを塗った後は、
靴下を履いてかかとを保湿するのが大事!

靴下を履くのが潤いを保つポイントですね。

また、かかとに塗るクリームはビタミンE配合のクリームがオススメとのこと!

夏は冷房のせいで血行が滞りがちですよね。

ビタミンEには血行を促進する働きがあるので
かかとをケアする時にビタミンE配合のクリームが良いそうですよ。

まとめ

あさイチで紹介された、ガサガサかかとを綺麗にするためのケア方法についてお伝えしました。

かかとが夏でもガサガサになってしまうのには、
「冷房」そして「乾燥」という夏だからこその原因がありました。

そして、ガサガサかかとを改善するためには、
週1回程度硬くなった角質を取り除いて(決して削り過ぎないように)、
保湿クリームと靴下でかかとを保湿ケアする方法も分かりました。

顔や手のお手入れと同じくらいかかとのケアにも気を使ったら、
サンダルを自信をもって履けるようになりますね!